転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイト・正社員・派遣などの情報を公開

甘太郎のバイト評判!まかない1食200円!仕事内容や面接対策まとめ

Sponsored Link

甘太郎は食の総合プロデュース事業会社である株式会社コロワイドが運営する居酒屋店です。

居酒屋のメニューだけではなく、ボリューム満点の焼肉コースやしゃぶしゃぶの食べ放題、カラオケ付個室が付いている店舗もあり、あらゆる客層の要望に応えた気軽に入れる身近な居酒屋として人気があります。

今回は甘太郎でアルバイト経験のある方達の口コミ、仕事内容、面接、メリットなど、応募前にチェックしておきたいポイントについてまとめました!

Sponsored Link

甘太郎のバイト評判・口コミ

きつい・大変

自分が働いている甘太郎は駅前にあるので平日でもとてつもなく忙しい。一方で、甘太郎とは別の居酒屋で働く友人は、駅前でも八階建てのビルの最上階にあるので、客が全然来なさすぎていつも暇だと言っています。それを聞くたび、店選びを間違えたと思ってしまいます・・・。

居酒屋でバイトすることにいろいろな期待を持っていたが、現実は甘くなかった。甘太郎はホントに忙しくて、居酒屋なのにしゃぶしゃぶ・焼き肉食べ放題もあるし、フードメニューがありすぎる。これだけでも他の居酒屋と比べて一人あたりに負担がめちゃめちゃ大きいし、しかもうちの店は人経費を削ってるせいでアルバイトの数が少なすぎる。いつも料理提供が間に合わずに「いつまで待たせるんだ」と何度もクレームをもらってた。スタッフの数も増やしてくれないし、これで時給1000円は安すぎる。

学生の時に甘太郎でバイトしてた思い出は、忙しい時は全然休憩が貰えず、繁忙期はシフトを増やせと強要。客が少なくて暇な時は、待機やら休憩で時間を削られた。ハッキリ言って某チェーン店よりもブラックだった。

立川にあるカラオケ併設店なので、団体さんが入ると他のお客様の料理提供が遅れて大変でした。カラオケは普段あまり利用されないが、忘年会等で利用する客は部屋を散らかすので掃除が大変だった。カラオケ無いところのほうが働きやすいと思う。

テーブルにあるタブレットから注文してもらえるので、いちいち聞きに行かなくていいのは楽だけど、食べ放題のメニューを永遠と運んでいる時に何やってるんだろう?という気持ちになりました。あとリーズナブルな価格帯なので20代くらいの若い客層が多くて、テーブルが汚かったり、おしぼりが下に落ちていたりとマナーが悪いと感じました。

楽・楽しい

甘太郎で3年間キッチンをしてました。メニューの多いお店なので最初は覚えられるか不安でしたが、やってるうちにいつの間にか覚えてました笑。店内は空調が聞いているので、夏や冬の季節に左右されることもなくいつでも快適で、ホールとは違ってキッチンは暇な時はする事がないので、みんなと話してる時間の方が長い時もあり楽しかったです。先輩や同学年で仲良くなったのとは辞めた今でも交流がありますが、今までやったバイトの中では一番仲良くなれた楽しいバイトでした。

まかないがかなりボリューミーで1食なんと200円と激安でした!!メニューにある物を作るだけじゃなく、違った食材を組み合わせたオリジナルを作ってみたりと自由度が高かったです。一時期は裏メニューとしてアルバイトの中でオリジナルのまかないづくりをみんなで競って楽しかった!

忘年会シーズンの団体客が来る時は毎年大変だと思うけど、通常時はそれほど忙しくないですね。むしろ暇すぎて困るくらいなので、よく客引きをやらされていました。想像とは違って泥酔したお客様に絡まれたりするようなことも無く、嘔吐物の処理も思ったよりも少なかったし、普通に楽な仕事だと思います。甘太郎の系列店で使える割引券も貰えたので、友達と利用するのにかなり重宝してました。

日常生活で料理を作ることが全く無かったけど、調理未経験で甘太郎に入ってバイトを続けているうちに料理に興味を持ちました。家で甘太郎のレシピを再現した一品物やおつまみなどを作ったりして家族から喜ばれていたので、だんだんとエスカレートして「いかに安い食材だけで作るか」「どれだけ調理時間を短縮できるか」と研究に没頭するように料理にどっとハマっていました。無趣味だったのでハマれるものが出来てよかったです。

若い社員の人とは全然気が合わなかったけど、店長が優しくて学校のこととかシフトとか、オカンかよ!って思うくらいよく気にしてくれたw
忙しい時は時給が割りに合わない感じることもあるけど、バイトメンバーが楽しすぎた。女子もみんな可愛くてなかなか楽しいバイトだった。

甘太郎の仕事内容

ホールスタッフ

ホールスタッフはお客様への接客がメインの仕事となります。

まず始めに来店されたお客様をテーブルへとご案内するのはホールスタッフの仕事です。この時に重要なのは「お客様の人数」と「喫煙の有無」の確認です。

お客様の人数によってテーブル席か大部屋へのご案なのかも変わってくるのでしっかりと確認しましょう。

また関東エリアの店舗では焼肉・しゃぶしゃぶの食べ放題が出来る店舗もあるので、初めに「食べ放題」か「居酒屋」どちらの利用なのかを聞いても良いかもしれません。

ご案内後はおしぼりをお渡しして、席にあるタブレットからご注文していただくよう説明します。

注文が入った際に料理やドリンクを運ぶのはホースたスタッフの仕事ですが、客席数が多い店舗では料理提供と同時に空いた食器を下げることも重要になります。

周りのテーブル状況を見ながら、お料理の提供と同時に空いた食器があれば下げることも意識しましょう。

お客様がお帰りの際はレジで会計です。レジ業務では現金以外にも、割引クーポンの使った精算、カード決済などがありますが、覚えてしまえば簡単です。それにレジ自体の操作も難しくありませんので、打ち間違えなどをしないよう気をつけましょう。

キッチンスタッフ

キッチンスタッフは調理がメインの仕事となります。

甘太郎はメニュー数が多いという事もあり、いきなり調理ではなくまずは簡単な洗い物や盛り付けなどを担当します。調理に関してはもちろんマニュアルがありますので、間違えないよう一つずつ丁寧にレシピ通りに作ることを意識します。盛り付けをしながら少しずつ先輩スタッフが調理しているの見てメニューを覚えていきましょう。

ある程度盛り付け作業などに慣れたら、少しずつ包丁を使った調理に移行します。ただし、メニューによって揚げ物であったり刺身と調理方法も違う為、甘太郎では焼いたり炒めたりする料理の場合は焼き場。唐揚げやポテトなどは揚げ場。お造り盛り合わせは刺し場など、注文された料理ごとに分かれて作業します。しかし、スタッフの人数が少ない時は、一人でいくつかの持ち場を担当しなければならないので、最終的には全ての持ち場で作業できるようになることを目指します。

キッチンスタッフは、覚えるまでが大変だったり忙しい仕事ですが、少しずつ出来る事が増えていくやりがいのある仕事です。一度覚えた調理スキルは仕事以外のプライベートでも活かせますので、料理が好きな方には向いていると仕事だと言えるでしょう。

おすすめの求人サイト!

ネットで検索してみると沢山の求人サイトが出てきます。CMで有名なサイトから専門的なバイトを集めたサイトまで、特徴は様々。

「どれを使ったら良いかわからないから、とりあえず一番有名な求人サイト」という方も多いかもしれませんが、実はちょっと損しているかもしれません。

実は求人サイトって時期によって掲載が少なくなったり、取り扱っている情報に差があったりするんです。

おすすめはアルバイトEX!

今回おすすめしたいのが、「アルバイトEX」という求人サイト。

複数の大手求人サイトと提携しているため求人掲載数が圧倒的に多く、色んなサイトを見て回る必要が無いんです!

更に魅力的なのが、採用が決まるともらえるお祝い金が最大3万円

求人によっては、提携元のお祝い金と合わせて最大6万円になるものもあるんです!

また度々キャンペーンを行っていて、その総額なんと…15万円!

サイトの利用や登録はもちろん無料。まずは気になる求人が掲載されているか、チェックしてみてくださいね!

※ただしキャンペーンはすぐに終了してしまうようですので、早めの応募がおすすめです。


甘太郎のバイト面接対策

履歴書は必要?

甘太郎のアルバイト面接では、履歴書を持参するかどうかは各店舗で異なります。

求人に「履歴書不要」と明記されている場合は必要ありませんが、そうでなければ面接の日までにしっかり用意しておきましょう。

気をつけるべきポイントは「丁寧な字で書く」「空欄を作らない」「黒のボールペンで清書する」の3点です。

たかがアルバイトの面接と思わず、履歴書もしっかりした物を用意することでりっぱなアピール材料になります。

丁寧に書いた履歴書と、やる気のない物とでは与える印象も大きな差がありますので、意識したいところですね。

せっかくしっかりとした物を用意できても汚れてしまっては台無しなので、履歴書はクリアファイルか封筒に入れ保管しましょう。

面接で着ていく服装は?

アルバイトの面接で着ていく服装は、親や周りの友人から「派手・奇抜」と指摘された事がなければ、普段着ているカジュアルな洋服で構いません。

ただし、アルバイトとはいえ面接ではそれなりのマナーがありますので、ラフになり過ぎず「清潔感」のある服装選びを意識しましょう。

面接の服装で印象が良いとされているものはシャツやカットソーです。

なるべく派手な色味や柄物は避けた方が、相手に対して落ち着いた雰囲気を与えられます。

アルバイト面接の服装に関してはこちらで詳しくまとめています。是非参考にしてみてください!
バイト面接の服装!意外と知らない職種に合わせるべきスタイルを紹介

面接時のピアスや頭髪について

面接で気をつけるのは服装だけではありません。

髪型や色、ピアスや指輪などのアクセサリー類も気をつけたいポイントです。

頭髪に関しては多少脱色していても、過度でなければ髪型や髪の色は自由としている店舗ばかりですので、もし不安であれば黒色に戻しておいた方が無難ではありますが、そこまで気にする必要はありません。

しかし、ピアス・指輪・ネックレス等は面接にふさわしくないものなので、必ず外しましょう。

また、その他に気になるポイントとしては、男性ではヒゲ、女性は濃いめのメイクは控えめにして、ネイルは必ず落としておきましょう。

飲食店のアルバイトでは注意したいところです。

面接でよく聞かれる質問

甘太郎のアルバイト面接では、以下のような基本事項は必ず聞かれると思っていてよいでしょう。

  • 甘太郎を選んだ理由(志望動機)
  • 居酒屋のアルバイト経験
  • シフト・勤務時間帯の希望
  • 金土日・祝日の出勤
  • ホール・キッチンの希望

面接では働きたい希望の時間を聞かれるので、希望通りに伝えて構いません。

しかし、一般的に居酒屋では「金土祝前日」が最も忙しい曜日と言われているので、もしこの時間帯で働けるのであれば採用される確率は上がりますので、アピールしましょう。

また、面接では質問のやりとりだけでなく、姿勢や話し方を見ていることもあります。

接客の仕事では、元気の良い挨拶や笑顔で明るい表情などがとても重要となりますので、猫背になったり、表情も硬くならなり過ぎないよう気をつけましょう。

甘太郎でバイトする時の身だしなみは?

制服

甘太郎は店舗によって多少制服のデザインが変わることもありますが、アルバイトはホール・キッチンともに制服がお店側から用意されます。

ホールスタッフは全身黒のカラーで、ポロシャツ・バンダナ・前掛け。

キッチンスタッフは全身白のカラーで、コック帽とコックコートです。

髪色やピアスなどの規則

面接の項目でも記述したとおり甘太郎では店舗の規定はありますが、過度でなければ髪色は自由なので落ち付いた色合いの茶髪くらいなら問題ありません。

しかし、ピアス・指輪・ネックレスなどのアクセサリー類については身につける事が出来ません。そこはしっかりと規則を守りましょう!

甘太郎でバイトするメリット!

時給

エリアによって時給は変わりますが、都心部では基本的にどの店舗でも一般時給と高校生の時給が1000円を超えていて高めに設定されています!

また、22時以降は更に25%UPとなるので金・土・祝前日の営業時間が明け方まである日は大きく稼ぐことができます。

まかない

お店によってルールの違いはありますが、甘太郎では1食200円からまかないが食べられるようにしている店舗が多いようです。

メニューの中から選んだり、オリジナルを作ったりと自由度が高いという口コミもありました。

スキルが身につく

働く期間も影響しますが、ホールスタッフなら接客や商品の知識、キッチンスタッフなら調理スキルが上がります。

甘太郎のアルバイトをきっかけに料理にハマったという口コミもあるように、調理経験が無くても甘太郎のレシピを再現出来てしまうほどの腕は上がるようです。

高校生でも働ける

甘太郎では高校生のアルバイトを歓迎しています。

居酒屋のアルバイトでは高校生不可としているお店もいっぱいある中でかなり珍しいと言えます。

他業種に比べても時給は高い方なので、高校生にとっては嬉しいメリットではないでしょうか。

応募をする際は、応募資格に高校生が働けることをしっかりと確認したうえで応募してください。

まとめ

メニューの数が多いことから、覚えるまでに不安を感じたり、働くスタッフが少なくて一人あたりの負担が大きいといった声もありました。

良い口コミとしては「まかないが1食なんと200円と激安!」「先輩や同学年で仲良くなったのとは辞めた今でも交流があります」「バイトメンバーが楽しすぎた」など、アルバイト同士の仲の良いエピソードや、まかないや割引券など、良かった口コミもたくさんありました。

甘太郎のアルバイトが気になる方、ぜひチャレンジしてみてください!

バイトル公式サイトはこちら

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事