転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイト・正社員・派遣などの情報を公開

ステーキガストのバイト評判はどう?経験者に聞いたメリットときついところ

ステーキガスト バイト 評判

Sponsored Link

ステーキガストは、すかいらーくグループに属する「気軽にごちそう!」がコンセプトのステーキ・ハンバーグ専門のレストラン。

リーズナブルにステーキを楽しめるだけでなく、サラダ・スープ・ライス・カレー・パンなどの食べ放題も人気の理由の一つです。

子どもからお年寄りまで幅広い世代に人気のお店なので、学生や主婦のアルバイトととしても人気があり評価が高いようです。

しかし、お肉の専門店と聞くとファミレスとはいえ仕事内容も想像しづらいですよね。

特にバイトが初めての方には不安な部分も多いと思います。

そこで今回は、ステーキガストでアルバイト経験のある方達の口コミ、仕事内容、面接対策、メリット・デメリットなど、応募前にチェックしておきたいポイントについてまとめました!

ステーキガストのバイト評判・口コミ

きつい・大変

店長のバイト差別が酷くて、気に入ってるバイトにはとことん優しく、気に入らない自分にはみんなの前で馬鹿にしたり、冷たい態度を取ります。しかも、面接では「どんどんシフトに入ってよ!」とか言ってたくせに、どんどんシフトは減っていき、最終的に週3日の1日2時間にされました(稼げねー)。掛け持ちも考えたけど、よーく考えたらここにいても意味ないと思って辞めました。

バイトに入った時から先輩達の自分に対する扱いが酷く、馬鹿キャラ扱いされて辛かった。最初はそれでも良かったけど、後からだんだんと辛くなってきて、周りの態度もエスカレートするし、しまいには後から入った新人も先輩の影響で最初からそんな感じだった。ホントに嫌なメンツばかりで居心地の悪いバイトでした。

料理が好きでキッチンに入りました。でもキッチンには男の人だけしかいなくて、女は私一人だけで肩身が狭かったです。料理も料理と言えるほどの事はしないし、あきらかにホールよりも忙しくて後悔しました。料理が好きでもちょっとおすすめできません。

ホールスタッフの仕事は思っていたより楽でした!鉄板がちょっとだけ重いのでちゃんと持たないと火傷しますが、ワゴン車で運ぶのでその点も安心。週末のピークもオーダーに料理提供にレジにと、休めるときがないほど常に走り回って忙しいです。それでも仕事は単純なので何とかやっていけます。ただ納得いかないのが、店長に「声に元気がない」「表情が暗い」と口癖のように毎回怒られます。バイトのみんなに聞くと「そんな事ないよ」と言ってくれますが、私にだけあたりがきついです。入った時からそうなので辛いです。

子供が元気いっぱい店内を走り回ってる姿は見てて可愛い。小さい子どもや親から感謝されるのは嬉しいけど、テーブルを片付けに行くと、大抵水は溢れっぱなしで椅子に食べかすやティッシュがそのまま。何とも言えない気持ちになります・・・。それに、小さい子供がいる家族が、他の家族の子供に対して「うるさいからどうにかしろ!」とクレームをつけてきますが、正直どう対応していいのか分かりません。クレーム対応は店長がやってくれますが、私に言われても困るのが正直な気持ちです。

「肉が硬い」「味・見た目が悪い」「チーズが入ってない」とかのクレームは全部ホールが受け、作り直しをキッチンに伝えると不機嫌そうにされる負のスパイラル。ホールにキレるキッチンスタッフが意味不明でした。

バイキングだから食べ残しが非常に多い。子供ならまだしも大人の人まで平気で残すので後片づけが大変・・・。ステーキガストだけじゃなく、バイキングのところはみんな大変だと思いました。

楽・楽しい

初めてのアルバイトで3年間も続くなんて思っていなかったけど、これも全部バイト仲間のお陰です。途中学校の事とか進路の事とか色々考えて辞めようか迷った時期もあったけど、仲良くなった同期と素敵な先輩達との出会いもあったし、辞めなくて良かった。とても楽しいバイトでした!

新人の頃、私にだけ態度が悪い先輩がいて、その先輩とバイトが被る時はバイトに行くのが嫌で嫌で仕方がなかった。ある時、私のいないところで、たまたま私が話題になっていて、例の先輩が私のことを褒めちぎってるのを聞いてから気になる存在に・・・。それからしばらくして、その先輩とお付き合いを始めました。ステーキガストは、楽しくて懐かしい想い出がいっぱいです。

バイト入りたてですぐに先輩たちが歓迎会を開いてくれたり、卒業で辞めてしまう人には送別会など、その他にも色々なイベントを企画してくれる楽しい職場でした。バイトを始めてすぐにみんなと打ち解けることができたのは、こういった話す機会を作ってくれてコミュニケーションが取りやすい環境だったからだと思います。

過去、いくつかのアルバイトの中で一番良かったのは文句なしにステーキガストでした。まかない目当てで始めたのもあったけど、ステーキやハンバーグがまかないで300円の激安で食べれた。長時間勤務では1日で2回も出るし、仕事終わりにみんなで話しながら食べるのが楽しすぎた。ステーキガストはすかいらーくの系列店で使える25%割引券も毎月数枚貰えるので、自分だけじゃなく家族とか友人とも使えるから超便利で良いバイトだった。

無趣味で楽しいこともなかったけど、バイトを始めてからはみんな良い人だらけで、楽しくて気がついたら3年経ってました。従業員の中に一人も嫌いな人がいない、たぶんこの先こんな良い環境は無いと思えるほど、みんながフレンドリーで学校よりも楽しかった。盛り付け・サラダバイキングのスタンバイ・だんだんステーキの調理もやるようになっていって、出来ることが増えていく程楽しくなっていきました。

バイトは部活みたいに楽しかったけど、部活ではなくちゃんと「仕事」という意識でやってたから、良い経験になったと思います。勉強で覚えられない事も仕事ならちゃんと覚えられた。店長からキツイ言葉を言われたりした事もあったけど、社員、フリータ、主婦の方が、目上の人と一緒に働いた経験は自分の為になったと思います。

ステーキガストの仕事内容

ホールとキッチンの業務を兼任する人もいますが、原則としてステーキガストの仕事内容は「ホールスタッフ」「キッチンスタッフ」の2つに分かれています。

どのような仕事内容なのか、確認していきましょう!

ホールスタッフ

ホールスタッフのお仕事は主に「ご案内」「オーダー」「配膳・バッシング」「サラダバーの管理」「レジ会計」となります。

まず始めにお客さまの「ご案内」ですが、笑顔で元気よく挨拶をしてお出迎えをすることが重要です。人数をしっかりと確認したのち、適切な席へとご案内します。

空いてる席を勧めても構いませんが、ご年配の方なら、周りが静かな席や、エアコンの風が当たりにくい席。

小さいお子様なら、子供用の椅子を置ける場所か、大きめのゆったりと座れる席など、状況に合わせて臨機応変に対応しましょう。

次に「オーダー」ですが、ステーキガストではハンディを使います。

ホールスタッフとして働く一つの壁とも言えますが、ハンディの使い方はそれほど習得に時間は掛かりません。

その理由は、ステーキガストのメニューはステーキやハンバーグなどの鉄板物が中心なので、メニューの数が他の飲食店と比べると非常に少ない。

また、サラダバーでのバイキング形式を採用しているので、他と比べたらハンディの操作は覚えやすい方です。

注意しなくてはならないのが、オーダーを取る際のメニューの復唱。

ステーキの焼き方・調味料の説明もしっかりと行い、間違いがないか確認しましょう。

キッチンで料理が出来上がったら「配膳」をします。

メニューが多い場合はワゴンを使って運びますが、テーブルに移す時は鉄板は重いので注意が必要です。

この時、お客様に「紙ナプキンが必要か」を確認して、鉄板が熱くなっているので火傷をしないよう一言添えるようにしましょう。

お客様のテーブルにあるお皿や食器類を片付ける事を「バッシング」と呼びますが、フロアの人員はどの店舗でも比較的少数で設定されていますので、お客様がお食事を終えられた食器をいち早くバッシングするのも、ホールスタッフの重要な仕事です。

バッシングが間に合わずテーブルに食器がそのまま、という状況になってしまわないよう気おつけましょう。

ステーキガストにはサラダバーがあり、「サラダ、カレー、ライス、パン、スープ、フルーツ、デザート」色々な食材があります。

いつの間にか食材が無くなっていた・・・といった事がないよう、サラダバーの食材が切らしてしまわないようにするのもホールスタッフの大事な仕事です。

お客様が食事を終えられたら伝票をあずかり「お会計」です。

レジを使うので、レジ操作を覚えなければなりませんが、そこまで複雑なものではないので心配しなくてもいいでしょう。

現金払いの他に「クレジット」「電子マネー」などの支払い方法もありますが、お預かりした金額とお釣りに間違いがないかだけ注意しましょう。

お客様が来店されてからお会計までの流れはこのようになります。

基本的には一般的なファミリーレストランのホールスタッフと仕事内容は同じだと思ってよいでしょう。

キッチンスタッフ

キッチンの仕事内容は「調理」「盛り付け」「サラダバーの食材調理」「皿洗い」があり、それぞれポジションに分かれて作業します。

キッチンの仕事で入ったばかりの初心者が担当することが多い皿洗いですが、作業自体は非常に簡単です。洗浄機を使って洗い、食器類を棚に入れるだけなのですぐに覚えれます。

しかし、作業量は非常に多い。ずっと通しで皿洗いばかりする訳ではないので、スピードも要求されます。また、食器類だけでなく床や壁についた油汚れを落とす為に強力な薬剤を使用しているので、手荒れなどには注意が必要です。

次に盛り付けですが、主に鉄板にポテト・オニオン・ソースなどをのせて完成されるポジションです。メニューによって付け合せが変わる為、正確にメニューを覚えておく必要があり、メインの調理を始める前の準備段階として担当する機会が多いようです。

こちらも皿洗い同様に速さも重視されます。
しかし、店舗によってスタッフが少ない為、メインの調理と盛り付けも同時に担当するといった場合があります。

そして、ハンバーグやステーキを焼くのがメインの仕事ですが、部位によって焼き方や焼き加減が変わります。そのため、難しくもあり慣れたら楽しくなるポジションと言えるでしょう。ただし、調理場は非常に暑い!その点だけは我慢が必要です。

ステーキガストの特徴的なサービスとしてサラダバイキングがあり、キッチンにはスタンバイと呼ぶサラダバーの食材を管理するポジションがあります。

サラダバーには、サラダだけでもレタス・菜の花・ブロッコリーなど常時15種類くらいがあり、その他にライス・カレー・パン・スープ・フルーツ・デザートなど種類が豊富にあります。

スタンバイの仕事で重要なのは「食材を切らさない」ことです。特にランチやディナータイムでは食材があっという間に無くなってしまうので、管理するのが仕事と言えます。

キッチンスタッフはホールに比べて接客がない代わりに、お客様全ての料理を担当することになるので、効率よくスピーディーに行動できないと厳しいですね。

おすすめの求人サイト!

ネットで検索してみると沢山の求人サイトが出てきます。CMで有名なサイトから専門的なバイトを集めたサイトまで、特徴は様々。

「どれを使ったら良いかわからないから、とりあえず一番有名な求人サイト」という方も多いかもしれませんが、実はちょっと損しているかもしれません。

実は求人サイトって時期によって掲載が少なくなったり、取り扱っている情報に差があったりするんです。

おすすめはアルバイトEX!

今回おすすめしたいのが、「アルバイトEX」という求人サイト。

複数の大手求人サイトと提携しているため求人掲載数が圧倒的に多く、色んなサイトを見て回る必要が無いんです!

更に魅力的なのが、採用が決まるともらえるお祝い金が最大3万円

求人によっては、提携元のお祝い金と合わせて最大6万円になるものもあるんです!

また度々キャンペーンを行っていて、その総額なんと…15万円!

サイトの利用や登録はもちろん無料。まずは気になる求人が掲載されているか、チェックしてみてくださいね!

※ただしキャンペーンはすぐに終了してしまうようですので、早めの応募がおすすめです。


ステーキガストのバイト面接対策

面接の時の服装

アルバイトの面接で重要なのは見た目の清潔感です。

たった一度きりの面接で採用か不採用かを大きく分ける大きな要素の一つとなりますので、服装や身だしなみには慎重にいきたいところです。

とはいえ、就職する為の企業面接ではないの、スーツのようなかしこまった格好ではなく、普段着ている洋服でOKですが、あまりにもラフ過ぎると印象が悪いので、TPOに合った服装を選びましょう。

印象が良いとされている物は、シャツ・カットソーとなります。

柄物のデザインや蛍光色の服装は出来るだけ避け、落ち着いた色合いの方が印象は良いとされています。

また、ボトムスは出来ればチノパンが理想的ですが、なければジーンズでも構いません。

サイズもゆったり目よりは、出来るだけジャストサイズの物のほうが与える印象も良いです。

靴もサンダルやブーツ等は避け、普段はいているスニーカーにしておきましょう。

ちなみに、高校生で面接に来ていく服装選びに迷ったあ学校の制服でも構いませ。

ダラシなく見えないよう、きっちりとボタンは閉めましょう。

服装に関して以下の記事にもまとめています。是非参考にしてみてください!
バイト面接の服装!意外と知らない職種に合わせるべきスタイルを紹介

面接時のピアスや頭髪について

面接では、ピアス・指輪・ネックッレスなどのアクセサリー類をジャラジャラと身に付けているとそれだけで印象が悪いです。

それだけで常識がないと判断されたり、仕事中でも身につけるのではないか?と思われても仕方がありません。

普段から身に付けている人は外すのを忘れないように気おつけましょう。

髪を染めている方は気になる髪色についてですが、ステーキガストでは髪の色は一応明るすぎなければ問題ないとされています。

しかし、その一応はアルバイトを採用する店長の判断となりますので、場合によっては金髪OKな店舗もあるかもしれません。

面接前に来店して、店員の頭髪をチェックするのも一つの手ですが、出来るなら落ち着いた色の方が無難です。

ただし、わざわざ染め直すのは面倒だ!という方は、面接で「その色だと明るすぎるかな」と言われる前に、自分から髪色の規定を確認するのが良いでしょう。

その方が与える印象も良いです。

最後に忘れてはいけないのが、原則として男性なら長髪・ヒゲはNG。女性ならネイル・香水・お化粧は控えめにしておきましょう。

面接で特に気おつけたいこと

服装や見た目の清潔感も重要ですが、面接で大事なのは「姿勢」「表情」「声」「視線」「しっかりとした受け答え」となります。

相手の目を見て話す。その時の目線は相手の目よりもやや下で、姿勢は背筋を伸ばし猫背にならないよう気おつける。

声の大きさは大きすぎず小さすぎず、相手が聞き取れる程度の声でOKです。面接で緊張してしまうのは仕方がありませんが、声が小さくなってしまわないかだけ気おつけましょう。

そして、受け答えですが、落ち着いてしっかりと考えて質問を返すというのが大切です。質問の意味が分からなかった時は曖昧にせず、きちんと聞き返していいので確認しましょう。

面接では仕事の話だけではなく雑談をすることもよくあります。

面接で緊張しないように担当者が配慮して話している事が多いのですが、緊張がほぐれ過ぎて姿勢が悪くなったり、話し方が悪くなったりしないよう注意が必要です。

そういった細かいところも担当者は見ています。

面接でよく聞かれる質問

ステーキガストでのアルバイト面接では、履歴書不要とされています。

以下のような基本事項は必ず聞かれると思っていてよいでしょう。

  • 志望動機
  • アルバイト経験
  • シフト・勤務時間帯の希望
  • 土日祝日・大型連休の出勤
  • 働きたいポジション
  • 学校や親の許可

志望動機については、純粋に働きたいと思った動機を伝えましょう。

例えば「ステーキガストが好きだから」「お金が欲しいから」「自宅から近い」など、応募者それぞれにアルバイトを始めたいと思った理由があるはずです。

ステーキガストが好き

寧で親切な対応にも憧れて、自分も働きたいと思いました。

お金が欲しいから

将来必要な資格取得の為の資金にしたい。進学の為に必要な学費を自分で稼ぎたい。

自宅から近い

自宅から○○分の距離にあるので通いやすく、移動に掛かる時間も短いため、無理なく長期間働けると思いました。

その理由の「何処に・何に」をプラスして説明できるとより説得力があります。

また、シフトに関する質問は必ずされます。

週にどのくらいシフトに入れるのか・曜日や時間帯などの質問です。

学生ならディナー、主婦ならランチと働く時間はだいたい決まっている事の方が多いですが、GWや年末年始などの忙しい時期でもシフトに入れる人が重宝される傾向にあるので、採用されたいからと言って嘘はだめですが、連休中の出勤が可能であれば採用される可能性は上がります。

ステーキガストでバイトするポイント!

制服について

ステーキガストでは、アルバイトに制服がお店側から用意されます。

制服を着る上で、靴下の色は指定であったり、食事に髪が落ちないよう前髪を入れて防止を被るなど、いくつのルールがあります。

また、靴だけは代金1500円前後掛かり、入社後の給与より天引されます。

ステーキガストの平均時給

時給はエリアによって異なりますが、最低賃金かそれよりも少しだけ高いといったところです。

研修中の時給は下がらないようですが、時給加算はほとんどの店舗であり、平日や土日祝でも最大50円から150円くらいまで時給がUPします。

ただし、店舗によって加算される金額は変わるので、気になるようでしたら面接で確認しましょう。

また、時給が上がる条件には3ヶ月に一度自己診断シートの項目を埋め終えると時給が上がります。

給料日は翌月15日で、交通費は月上限1万円まで支給されます。

シフト

シフトは2週間毎の自己申告制で、週1日・2時間から勤務可能です。

テスト期間中の休みについては、比較的学生のバイトが多いため、要望を受け入れてもらえます。

ただし、年末年始や大型連休のは、出勤を希望する人が減るので、休みの希望が必ずしも通るとはいきません。

もしどうしても休みを取りたいのであれば、早めにシフトを出して相談しましょう。

まかないはあるの?

飲食店のアルバイトで気になるものといえば「まかない」があります。

ステーキガストにも賄いはあり、最大で1日に2回まで、ハンバーグ・ステーキなどのグランドメニューの他に、サラダ・ライス・スープ・ドリンクも付いて1食356円です。

「休憩中や仕事終わりバイト仲間と一緒に食べるのが楽しい」といったや声も非常に多く、お肉好きなら嬉しいポイントですね。

高校生でも働けるの?

ステーキガストのアルバイトは高校生も歓迎しています。

アルバイトデビューの学生さんだけでなく、スタッフには大学生・フリーター・主婦といった目上の方も沢山働いています。

お客さんや年上の方と一緒に働く事でコミュニケーション能力も身につけられる、社会勉強になるアルバイトですね。

ステーキガストのバイトで最もきついのは?

・臭い
飲食店でのアルバイトなので、臭い問題については覚悟されている方ばかりだと思いますが、想像しているよりも臭いが気になったという方も少なからずいるようです。

・週末のピークはとても忙しい
ランチやディナーといったピークの時間帯はお客様でいっぱいになるので、ホール・キッチン共ににのんびりとしてる暇がないほど業務に追われて忙しくなります。性格がマイペースであったり、のんびりと働きたいという方には「きつい」と感じるかもしれません。

・クレーム対応
接客や食事に問題があった場合、お客様からホールスタッフに直接クレームを頂くこともあります。店舗側に落ち度がない場合のクレームなども多く、対応に困るという意見が多数ありました。

・火傷や洗い物による手荒れ
火傷はキッチンスタッフに多い事故です。調理をする際に火を使うので普段は気おつけているという方も、忙しい時についついやってしまったという人が多いようです。
また、キッチンに入る時の手洗いや食器洗を繰り返しているうちに「手が荒れてしまった」という意見も多数ありました。

ステーキガストで働くメリット

アルバイトのメリットは賄いだけではありません。ステーキガストは福利厚生にも力を入れています。

・25%の割引券制度
ステーキガストでは、すかいらーくグループ全店(バーミヤン・夢庵)で利用できる25%割引券を毎月6枚もらえます!
1枚で6名まで利用できるので、「親にあげた」「友達と食事に行く時に使う」といった声が非常に多くありました。

・有給休暇制度
アルバイトでも有給が取得できます。条件としては半年以上の勤務で、20日ほどの有給が取れます。

・前給制度
前給制度とは、借金とは違い勤務した分の未払い給料を支給日よりも前に受け取ることが出来る制度なので利子がありません。
今までに利用した事がないという方もいるようですが、実は意外に使われている制度です。利用する状況は人それぞれですが、携帯電話の支払い・友人との交際費・ギャンブルで負けてしまった・・・など、いつもは計画的に使っていても、急な出費でお金が必要な時にあると助かる制度です。

・交通費支給
月額1万円まで(一部規定有)支給されます。

・社員登用制度
アルバイトから次のステージに上がりたい!という方は、クルーからの社員登用も可能です。

・キャリアアップ制度
3ヶ月に1度、自己評価を行い給料の査定などをします。

・ウェルカムプログラム
専任のトレーナーからマンツーマンでトレーニングが受けられるので、飲食店未経験者やアルバイトが始めてという方にも安心のプログラムです。

まとめ

辛い経験をしたという方のほとんどが人間関係によるものでした。

一方、働いて良かったと感じている方の意見では、人間関係や職場環境だけでなく、まかないや福利厚生といったメリットを挙げている方が多数いました。

初めてのアルバイトとしても良かったと感じてる方が多いので、メリットを含めアルバイトを始める価値は十分ありそうです。

バイトル公式サイトはこちら

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事