転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイト・正社員・派遣などの情報を公開

とり鉄バイトの評判は魅力がたくさん!まかないや仕事内容を徹底調査

とり鉄のバイト評判

Sponsored Link

とり鉄は串焼きはもちろん、美味しい鳥創作料理を提供する焼き鳥ダイニングです。チェーン店でありながら個人店のような落ち着いた空間でお酒を楽しむことができます。

店舗はアクセスがよく、大学生やフリーターの方のアルバイト先としても人気があるんだそうです。

今回はとり鉄のアルバイトについて、評判や仕事内容、面接対策など、応募前にチェックしておきたいポイントについてまとめました!

とり鉄バイトの評判や口コミ

きつい・大変

僕は悪い思い出はないですが、あえて言えば、社員さんが大変そうでした。誰よりも早く来て仕事の指示をしたりだとか、仕込みのチェックなどをしていました。勤務している時間はかなり長かったんじゃないかと思います。休みの日も、家で何かしらしている、と言っていた気がします。バイトは楽しかったですが、社員さんは大変だと思いました。

バイトし始めてから知ったけど、スタッフの日本人が少なかった…。文化の違いを色々と感じました。はっきり言って立地が悪かったと思う。こういうのが嫌な人は繁華街じゃない駅の近くが良いですよ。あと事前に利用。これは必須。

金曜と土曜の夜は確実に混むから人がいっぱいいていいけど、平日の夜はわけもなく突然お客さんがどっと来る時があって大変でした。混むってわかってればそれほど疲れないんだけど、暇覚悟の日だとなんか余計に疲れるっていう。逆に普段は全然人が来なくて暇とか。でも暇な日もシフト通りに働かせてもらえたのは良かったです。

良い・楽しい

まかないが毎回作ってもらえたので学生時代とても助かりました!たまに超大盛りのときもあったので少し太ったかも…笑。スタッフはお店近くの大学生ばっかで、同じ大学でも話したことない子と仲良くなれてすごく充実してました。とり鉄はいいメンバーで楽しくバイトができたいい思い出です。

私がバイトしていたとり鉄は19〜25歳のメンバーが働いていました。店長は30前半くらいだったかな?お兄さんっぽい身近な存在感で、時々飲みに行ったりもしてバイトとも仲が良かったです。あとはとり鉄といえば飲み会ですね〜。みんなお酒好きでむっちゃ飲むので、飲み会はホント楽しかった!!二次会でカラオケに行ったこともあったな。楽しくバイトするならとり鉄一択ですよ〜笑。

定期的にとり鉄を辞めてしまった先輩を含めて遊んでます。バイト先でこんなに仲良くなったことがないので、とり鉄は本当に良い環境なんだと思います。店長の見る目があるんでしょうね。お客様も変な人(酔っ払って騒ぐ人とか)が来たことないので、居酒屋バイトの印象が変わりました。女の子でもとり鉄なら安心だと思いますね。

うちのバイト先は留学生がいっぱいいるんだけど、みんなほんっと美人。そして謙虚に頑張ってて勝手に胸キュンしてます…。お国の家庭料理を教えてもらったり休みの日は今まで行ったことないようなスパイスのお店に連れてってもらったり!日本人の友達だけじゃなくて海外の友達もできちゃう、それがとり鉄のバイトです!!

とり鉄の仕事内容

とり鉄のアルバイトは仕事内容が分業制になっており、担当する持ち場について集中できる仕組みが整っています。

接客のホール、調理のキッチン、そして開店準備を担当する仕込みといった3つのポジションがあり、それぞれ連携して業務にあたっています。得意なことや興味があることにチャレンジできるのは魅力的ですね!

お店に到着したらバックヤードで制服に着替え、頭髪や爪、アクセサリーなど身だしなみチェックを行います。その後マニュアルに沿って手指の洗浄をし、仕事内容を確認したら各持ち場に移っていきます。

ここではポジションごとの仕事内容について、詳しく見ていきたいと思います。

ホール

客席のあるホールで接客を担当するのがホールのお仕事です。常にお客様の前で仕事をするため、とり鉄の看板的存在になっていると言っても過言ではありません。

まずお客様が来店されたら「いらっしゃいませ!」とお出迎えをし、人数を確認して適切な席にご案内します。混雑時は2名以下のお客様はカウンター席でも良いか確認しましょう。

席にお通ししたらおしぼりをお持ちし、最初のオーダーを伺います。ドリンクができたらすぐにお通しと一緒にお持ちします。

居酒屋では特に、ファーストオーダーをいかにスピーディーに提供できるかでお店の印象が変わります。ここまででお待たせすることがないよう、来店されたばかりのお客様のテーブルは常に意識を向けることが大切です。

同時に他の席もよく確認し、空いた食器をお下げしていきます。ドリンクやフードの追加注文はないか、注文されない場合はお冷をお持ちするなど臨機応変に対応していきましょう。

食事が済んだお客様のレジ会計もホールが行います。レジの操作自体は難しいことはありませんが、お金の受け取り方、お釣りの渡し方など最後までマナーと気配りを忘れてはいけません。

店舗により席会計の場合もありますので、その場合は「お席でお待ち下さい」と声をかけお会計の金額を伝えます。

お客様が退店されたのを確認してから席の片付け(バッシング)に取り掛かります。バッシングが済んで次のお客様をお迎えする準備(セッティング)を整え、一通りの流れは完了です!

キッチン

厨房で料理全般を担当するのがキッチンの仕事です。たくさんあるメニューを覚えるのは大変ですが、調理の技術が身につきスキルアップを確実に実感できるポジションです。

とはいえ調理経験のない方やキッチンの仕事未経験の方は、お皿洗いなど補助的な仕事をしながら厨房の雰囲気や仕事の流れを身につけます。

慣れてきたらトッピング、サラダなどの簡単な盛り付けを担当し徐々にメニューを覚えます。マニュアルを見つつ、分からないところは先輩に教えてもらいながら盛り付けていきます。

実際の調理に入ると混み具合や店舗の広さによって様々ではありますが、揚げ物、焼き物、焼き鳥の担当に分かれることが多いです。

揚げ物は下ごしらえが終わった食材をフライヤーに決まった時間掛けるので、比較的難易度は低いそうです。調理担当になりたてのスタッフはまずはここからスタートします。

次に焼き物。餃子やおかず系など、焼き鳥以外でフライパンを使う調理です。ここまでくるともう調理の仕事にもかなり慣れていると思います。自炊するようになった、というスタッフもたくさんいるそうですよ!

そしていよいよ焼き鳥を担当します。最初は種類を見分けるのも大変苦労するようですが、経験を積むうちにひと目見てどの部位かがわかるようになってしまうそうです。

焼き鳥が焼けるようになればもう一人前。慣れるまでは大変かもしれませんが、たくさんのスキルが身につくのもキッチンの魅力です。

仕込み

開店前に店内の準備を担当するポジションです。大体お昼過ぎころ〜夕方の勤務時間になるため、お子さんのいる主婦の方や夜のバイトと掛け持ちしているフリーターさんが中心になっているようですね。

まずその日に必要な食材と料理を確認し、指定された分量の仕込みを始めます。野菜を切って各保存ケースに入れる、肉を切り分ける、調味料等で味付けするなど。キッチンがスムーズに仕事をするためのベースを作ります。

トッピングに使う食材は取り出しやすいように分けて保存するなど、淡々仕事をするのではなく細やかな気遣いも必要です。

食材の仕込みが終わったら店内の掃除に移ります。お店全体の掃き掃除、モップがけなどすぐに開店ができるように準備を進めます。テーブルセットでは卓上調味料の減りや底面の汚れなど細かい部分もチェックしましょう。

仕込みの仕事はお客様と顔を合わせることはありませんが、影でとり鉄全体を支えるとても重要な存在と言えるでしょう。

とり鉄のバイト求人に応募するには

様々な求人サイトに情報が掲載されており、どこから応募するのが良いのか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

実は求人の内容自体はどこの情報も同じで、どこから応募したのかによって優遇されることも冷遇されることもありません。であれば、よりお得に応募できる求人サイトの利用をおすすめします。

高額お祝い金付き!アルバイトEX

アルバイトEXは複数の大手求人サイトと提携を行っているため、求人数が非常に多いのが最大の特徴です。

有名サイトだけでなく地域密着型の求人サイトとも提携をしており、効率よく求人を探すことができてしまうのです。

またお祝い金のついている求人サイトはいくつかありますが、その中でも金額は3〜15万円と最も高額になっています。

求人によっては提携サイトのお祝い金が更にプラスされるものもあり、採用が決まるだけでまとまったお金を手にすることができます。このお祝い金は求人サイトから支払われるもので、受け取る際も安心です。

気になる仕事があれば、求人詳細を確認しまずは登録してみるのもおすすめです。


とり鉄バイトの面接対策

履歴書について

とり鉄の面接を受ける際、求人に「履歴書不要」と明記されていなければ履歴書の持参は必須です。不明な場合は電話やメールできちんと確認しておきましょう。

コンビニや文房具店など、履歴書は様々なお店で購入可能です。プリンターをお持ちの場合はダウンロードしたデータを印刷してもよいですが、できれば購入したものを使いたいところです。

購入時は「アルバイト用」か「一般用」と明記されている履歴書を選んでください。「転職用」と記載されているものは正社員採用向けのため、注意が必要です。アルバイト用の履歴書とは項目が異なりますので、よく確認してから購入するようにしてください。(ただし応募先から指定があった場合はその指示に従ってください)

記入は油性のボールペンを使います。消える筆記用具は使用できません。また書き損じを修正した履歴書は提出できませんので、内容をまとめておく、下書きをするなどの準備を整えておくと安心です。

記入が終わったら証明写真を貼って完成。写真の撮影時は私服で問題ありませんが、できれば白のシャツなどしっかり目の服装がおすすめです。

頭髪やヒゲ、メイクなどの身だしなみにも気を配りましょう。アクセサリーはできれば外しておいたほうが無難です。

面接でよく聞かれること

とり鉄の面接は各店舗毎で行われ、必ずしも同じことを聞かれるわけではありません。

ただ履歴書の項目にもあるような定番の質問に関しては聞かれるケースが多いです。予めノートにまとめるなど、準備しておくと安心して面接に臨めます。

  • とり鉄を選んだ理由・志望動機
  • 接客や調理の経験
  • バイト経験の有無
  • 自己PR

まず志望動機はどのようなバイト面接でも必ず聞かれます。とり鉄でも聞かれると思っていて良いでしょう。

考えるのが難しいという方は「自宅・大学から近い」「時給が高い」「雰囲気が良い」など応募理由を簡単にリストアップしてみましょう。そこに自分なりのエピソードや思うことを肉付けしていけば立派な志望動機になります。

例えば「自宅・大学から近い」は「自宅や大学から近く通いやすいため、週末や深夜も安心してシフトに入れると思った」、「時給が高い」は「親の負担を減らすため、生活費を自分でしっかり稼げる時給の良さに魅力を感じた」、「雰囲気が良い」は「客として来店したときにスタッフの対応がよく、私もこのお店で気持ちの良い接客ができるようになりたいと思った」など。

採用されてからの自分を想像できる志望動機は、特に相手にも伝わりやすくなります。そのことを念頭において回答を考えると良いでしょう。

面接にふさわしい服装

バイトの面接ではスーツのようなフォーマルなものよりカジュアルな服装のほうが望ましいです。清潔感がある服を持っているようであれば私服で問題ありません。

派手な服しかない、コーディネートに自身がないという方は、白のシャツやブラウスなどの襟付きのトップスがおすすめです。きちんとした印象で清潔感があり、どんなボトムスとも合わせやすく使いやすいアイテムです。

ボトムスは落ち着いた色で柄のない長ズボンを選びましょう。スカートを履く場合は膝より上の短い丈は厳禁です。またレギンスやタイツを着用し、素肌が出ないよう配慮しましょう。

靴はスニーカーで問題ありません。派手な色や奇抜なデザインのもの、汚れが酷いものは避けましょう。

服装に関して以下の記事にもまとめています。是非参考にしてみてください!
バイト面接の服装!意外と知らない職種に合わせるべきスタイルを紹介

ピアスや髪色などの身だしなみ

ピアスは勤務中に身につけることができないため、面接でも外しておいたほうが無難です。

また衛生面の問題に関わる爪にも注意が必要です。ネイルやマニュキュアは必ず落とし、短く切っておきましょう。

ヘアカラーは明るい色でもOKとしている店舗がほとんどですが、派手すぎる色にしている方は茶色などの自然な色に戻すようにしてください。

ヒゲをしっかり剃る、メイクはナチュラルに、面接でも勤務時の身だしなみを意識して全身チェックしましょう。

※ピアスやネイルは一部店舗で可となっているようですが、その場合でも面接では派手なものは避けることをおすすめします。

とり鉄でバイトするときの身だしなみ

バイト中の服装

とり鉄のアルバイトでは勤務中の制服が支給されます。

直営店かフランチャイズ店かにより細かい部分は変わるようですが、黒のポロシャツと前掛け、頭に巻く手ぬぐいが制服になっています。ホール、キッチン共通で、動きやすく仕事がしやすいデザインです。

事前に準備するものがあるかはよく確認しておきましょう。

髪色やピアスなどの規則

面接の項目でお伝えしたように、とり鉄で働く際はピアスやネックレスなどのアクセサリー類を見に付けてバイトすることはできません。制服に着替える際に外します。高価なものや大切なものは自宅に置いておくようにしてください。

髪色は比較的緩めで、明るめの茶髪でもOKとされています。オシャレを我慢しなくて良いのは嬉しいポイントですね!

ただし自由度が高いと言っても清潔感はしっかり保たなければいけません。髪の長い方は一つに縛り、制服に定められている手ぬぐいをしっかり巻きましょう。

平均時給とシフト

とり鉄の時給は全国的に900円以上としているところが多いです。また主要駅周辺では1000円以上となり、比較的高時給になっているのが魅力的です。更に22時以降は深夜時給で25%上乗せされますので、しっかり稼ぎたいという方にもおすすめです。

シフトは二週間ごとに提出のため、プライベートの予定にも合わせやすくなっています。また一日3時間から、週二日以上としている店舗も多く、柔軟に働くことができるようですね。

ホール、キッチン、仕込みそれぞれ勤務時間や時給が変わる場合があります。応募の際はもう一度求人を確認するようにしてください。

従業員特典や待遇は

とり鉄でアルバイトをする際の待遇や特典は以下のとおりです。

  • 従業員割引
  • まかないつき
  • 社員登用制度

飲食店でバイトする魅力といえばまかないという方も多いのではないでしょうか。とり鉄はまかないが美味しいと評判で、学生さんやフリーターの方に喜ばれているそうです。

しっかり働いてたくさん食べて、美味しいものがあればまた頑張れそうですね!

また正社員希望の方は、まずアルバイトからスタートすることも可能です。フリーターから社員になりたいけど自分にあった仕事なのか不安、という方もチャレンジできますよ!

とり鉄バイトのまとめ

経験者の口コミからは「おいしいまかない」や「人間関係の良さ」など、良い点がたくさんあがっているようでした。また雰囲気の良さから客層が落ち着いていて、初心者でも働きやすいという点も印象的でした。

とり鉄のアルバイトにチャレンジしてみたい、という方の参考になれば嬉しいです。

タウンワーク公式サイトはこちら

タウンワーク

シェアフルアプリダウンロードはこちら

単発バイトアプリ「シェアフル」

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事