転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイト・正社員・派遣などの情報を公開

アルバイト

現役クルーが語るマクドナルドのバイト評判!仕事内容・面接などをご紹介

投稿日:

マクドナルドでアルバイトしてみたいけど「きついのヤダな〜」「仕事は難しくないかな〜?」など、気になることがたくさんあるという方も多いと思います。バイトを初めてから失敗しない為にも、メリット・デメリットを知る事は重要です。

そこで現役マクドナルドクルーとパートの方数名にお話を伺い、リアルな評判・口コミをまとめました。商品を安く食べられるメリットやこんなところが嫌だったなというデメリットなど、アルバイトを始める前の参考にしてみて下さい。

マクドナルドでバイトする5つのメリット

楽しい」「得した」など感じ方は人それぞれ。元・現役クルー年令問わず、様々な経験者の方に聞いて厳選したメリット5つを挙げていきます!

まかないで全商品30%オフ!

他の飲食店ではまかない以外にも食事補助や社割と呼びますが、マクドナルドでは「エンプロイミール」という名称がついています。これを使えば従業員ならマクドナルドのメニューを定価の30%割引で利用できます。自分だけではなく家族や友人のお土産としても利用できるので喜ばれています。

注意点としてはエンプロイミールを利用するには条件があり、自分が働いてるお店の勤務日に休憩時間か勤務後に本人しか利用できません

人によっては「30%割引って正直微妙じゃねっ?」と感じる方もいるようなので、ハッキリとしたメリットとは言い難いですが、今の御時世まかないがタダってのもそうそうなく「俺は十分嬉しいぜ!」という声の方が圧倒的に多い印象はあります。

またアルバイトには福利厚生として、映画やカラオケなど4000種類の割引メニューがある「WELBOX」というプログラムがあります。しかし実際にはアルバイトの方で使った経験があるという方はほとんどいませんでしたので、あまり知られていない福利厚生なのかもしれません。もしアルバイトに採用されたらこのプログラムの存在について確認してみてください。

柔軟なシフト調整が可能

シフトについての定められた条件は各店舗で違いますが、概ね一日2時間からなど、短時間で働くことが可能です。その為、学生なら学校終わりの夕方から22時までの数時間、主婦なら早朝だけ昼のピークだけと、空き時間を有効活用して働けます。

特に学生さんはテスト期間のシフトは考慮してもらえるところも多く、学業に専念できるバイトとも言えます。一週間シフトに入らない方もたくさんいますね。マクドナルドではシフト提出を簡単に済ませられるアプリがあり、自宅でも外出先でもどこからでも楽にスケジュールを調整できてしまいます。

就活の自己PRのネタになる

大学生には少し気になる話かもしれませんが、就活で必ず聞かれる自己PR。「自己の強み」「学生時代一番頑張ったこと」と聞かれて何と答えていいか分からない方も多いのではないでしょうか。学生時代のアルバイト経験をアピールする方はたくさんいますが、マクドナルドでは色々な方法でアピールする事が可能です。

例えば、AJCC(オール・ジャパン・クルー・コンテスト)と呼ばれる、年に一度クルーの接客や調理のスキルを競うコンテストで表彰されること。ここまでくれば立派な自己PRを出来ますが、それだと流石に敷居が高いと感じ方もいると思います。そこで手頃な手段としてはタイトルアップを狙うことです。

実はSWマネージャーのタイトルアップというのは、そう難しい話ではなく、自分で「なりたい!」と強くアピールしていくことが重要です。もちろん、周りの評価や相応のスキルは求められますが、自分が目指そうと思えばなれるポジションなので、チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

マニュアルがあるので安心

アルバイトを始める前に不安を感じることの一つが仕事内容ですね。私はある居酒屋でアルバイト初日から「一回教えたことは一回で覚えろ」との教育を受け、実行できるはずもなくミスして理不尽に怒られた思い出があります。ハッキリ言って無理ゲーです。

でも、マクドナルドではクルー・トレーナーとさまざまな階級があり、新人クルーは仕事を教えられるトレーナーによって一人前になるまで育てられます。つまり、勝手にやれ!見て覚えろとかではなく、常に側について教えてもらえるという事です。また、接客方法や調理の仕方などもしっかりとしたマニュアルを元に決められているので、何をしたらいいか分からないまま理不尽に怒られるという事もおこりずらいです。

マクドナルドは恋愛の宝庫

今回様々な体験談伺った中で一番のメリットだと感じたのは出会いの多さ!!でした。頂いた口コミにも「歳が近くてすぐに仲良くなったと」「バイト終わりはよく遊びに行く」「頻繁に飲み会をする」など、交友関係の良さが感じられる口コミが非常にたくさんありました。学生さんを中心としたアルバイトなので、友達をつくる場としても適しているのかもしれません。

またマクドナルドは年に数回、従業員の親睦を深めるためにPAMと呼ばれるパーティーやイベントを開催しています。夏にバーベキュー、秋にボーリング、冬はクリスマスパーティーなどですね。シフトの関係上、普段会わないクルーともお話する機会があるので、こういったイベントがあるのは良いとの口コミもありました。

出会いの多さという話題では「恋愛」に関する口コミも多かったです。だいたいどの店舗でも一組か二組はカップルがいるくらい恋愛に発展しやすいアルバイトのようです。これもまたアルバイトに学生さんが多いのが理由なのかもしれませんね。

マクドナルドのバイトはここがきつい!5つのデメリット!

仕事というのは良いことだけはありません。必ずは誰しもが一度は「きつい」「辛い」と感じることはあるはず。実際に経験者たちが感じたデメリットを厳選して5つ挙げてもらいました!

時給が安い

「仕事量と時給が見合っていない!」マクドナルドの時給安すぎ問題はデメリットとして一番に挙がります。そこで時給アップがアルバイトのモチベーションに繋がるわけですが、問題の時給の上がり方が微妙…。アップしても最大で100円程しか違わないことから「時給は少ししか上がらないのに責任は一気に増える」といった経験者の回答が多くありました。

とにかく忙しい!

マクドナルドはハンバーガーチェーンとして不動の人気もさることながら圧倒的な店舗数を持ち、全国で約3,000軒近くあります。業界2位のモスバーガーでも店舗数では約1,300と半数以上も差があることから分かるように、利用客は非常に多くお年寄りから子供まで誰もが一度は利用したことがあると言ってもよいほど有名なお店です。

その為、お客さんからしてみれば好きなお店ですが、アルバイトの方にとっては「そりゃーもう大変です」よね。だって、ピーク時の他のハンバーガーチェーンと比べれば一目瞭然ですがお客さんの数が違います。

作る人も接客する人もスピードが遅いと社員・お客の両方から怒られることになり、忙しさから来る不満は大多数の方が感じるデメリットでした。忙しい店舗だと「ピーク時の終わりのない行列には泣かされる」との声もありますが、あくまでも忙しいお店の話

忙しさは立地に影響されるので暇なお店は「お客さん少ないから楽だー!」という意見もありました。

覚えることが多い

マックに限った話ではありませんが「始めたては覚えることだらけで苦労した」という方はたくさんいました。厨房ではバーガー類の作り方、具材の分量と挟む順番、機材の扱い方やポジション、専門用語。カウンターでは接客の時の言葉遣い、ドリンク類の作り方、レジの操作方法など。その他にも、定期的にメニューが変わる度に作り方や名称を覚えなければいけません。ゼロから知識を吸収していくことになるので、なかなか覚えられず苦戦したという方は一定数いました。

稼げない!

前提としてファーストフードのアルバイトがそもそも時給が高い方ではないのですが、店舗により働いている「アルバイトの人数の多さ」「新人を指導できる人間の数」による影響で、思ったよりもシフトに入れずに全然稼げなかったいという方の口コミがたくさんありました。逆にたくさん働いている!という方の口コミでは、シフトに融通が効くフリーターやMGR・トレーナーなど、スキルがあり働いている日数の長い方の意見が多くありました。やはり、バイト歴が長い人の方がシフト面では優遇されている印象を受けます。

人間関係

やはり最終的にはこれ!これもマクドナルドに限った話ではありませんが「マネージャーが陰険過ぎる」「先輩が一つも教えてくれない」「主婦の人に影で悪口を言われた」などなど人間関係の問題が一番多いです。特に新人の頃にマネージャーに嫌な思いをさせられたという人が圧倒的にたくさんいました。働きやすい環境というものは人によって作られるものなので、無理して体を壊す前に辞めたという方もいました。

元・現役アルバイトクルー・パートさんによるバイト評判・口コミ

現在マクドナルドでアルバイトをしている現役クルーと元パート・アルバイトによる経験者の評判・口コミを集めました。

きつい・デメリット

近くに何店舗もマックがあるなら別だけど、一つの街にマックが1つだけだとマジできつい。客の多さはもちろんのこと、従業員の数もうじゃうじゃいる。なのにレジは行列だし、作る方もしんどそう。やったことない人に限って「マックは楽やろ〜w」って言うけど、毎回ぶん殴りたくなる。

学校の勉強で忙しいのに、マックの新商品出過ぎてこれ以上メニュー覚えられん!!楽しみではあるけど、ややこしいの多すぎ問題。マクドナルドのバイトは逆に頭の良い人しかできない説ありますね(笑)

シフトが自由だと聞いたが、高校生バンバン休むから穴埋めのために週末「入れるっ?」って超言われる。行きたくもないヘルプにも飛ばされるわできついこと多い。バイトのみんなと仲良くなってなかったら速攻で辞めてましたわw

カウンターのクルーとは違ってキッチンは裏方メインなので、パティを焼いたり、ポテトを挙げている時に油が跳ねたりして制服に飛びます。仕事中はあまり気づきませんが、家に帰ると体の到るところに臭いが染み付いていると分かります。自分は昔、バイト終わりに友達と遊びに行く用事がある時は、よく友達に「クセー」と言われていました。飲食店でのアルバイトほどじゃないかもしれませんが、多少の臭いは覚悟したほうが良さそうです・・・。

高校卒業後に友だちの紹介で入りました。始めは友達もいたし、仕事も楽しんでやれましたが、途中から忙しいわりに時給は都道府県の最低賃金なので「なんでこんな金の貯まらないところで働いてるんだろう?」って思いました。友達に誘ってもらった手前、辞めるのは悪い気はしましたがもっと時給の高いバイトがしたかったので辞めました。人気のあるバイトだろうとは思いますが、それにしたって時給が安すぎると思います。

学生時代の初めてのアルバイトがマクドナルドで苦い思い出があります。私が辞める理由となったのは、いつも以上に店内が混んでいて忙しかったというのもありますが、普段からキレやすい社員の機嫌が最高に悪いところに、たまたま私がいて、突然お客さんの前で怒鳴りつけられました。いきなりのことで訳が分からず私も泣いてしまいましたが、後から聞くとその社員の勘違いでした。その後は私が辞めるまでの間も一切謝罪がなく、私はこんな変な社員がいるバイトは辞めて正解だったなと思いました。

アルバイトが学生やフリーター中心なので、気に入らないって理由だけで嫌がらせする子供っぽい人は何人かいましたよ。仕事的には嫌なことはなくても、人間関係が悪すぎて我慢できずに辞めました。アルバイトなのにちょっとでも上の立場だと偉そうにして仕事もろくにせず、社員や店長には不思議と好かれてたりする・・・。上の立場の人間は一体何を見てるのかと学生ながらに感じました。

面接の時に週4でシフトに入るという条件だったのにも関わらず、採用されたお店ではトレーナーが少ないという理由で、最初の月は週に一日あるかないかぐらいのペースでしかシフトに入れてもらえませんでした。遠回しに話が違うと言うと「仕方ない」と言われてしまい、結局二ヶ月もせずに辞めました。面接で言った言葉も、マクドナルドも信用しません。アルバイトは絶対におすすめしません。

今のマックはデリバリーにUberに何でもやってて、DPS導入されてからはランナーもきついし、レーバーカットで希望額稼げないしで、昔何もなかった時代の人たちはいかに楽だったんだろうって思います。働く側の気持ちも考えないと、いずれアルバイトしたいと思う人がいなくなるんじゃなかって思います。せめて人を増やすとか時給を上げるとか何か考えて欲しい。

マック歴2年の現役クルーです。昔マクドナルドで働いてた方に話しを聞くと、昔は作り置きが当たり前だったそうですが、今マクドナルドではどの店でも食品を無駄に捨てなくていいよう、オーダーが入ってから調理をする仕組みになっているのでお客様に出来立てを提供出来ます。ですが、作る側は急かされるわ大忙しだわで、お客様にメリットはあってもアルバイトには何一つ得なことはありません。CMでやっているクルー満足度84%ってのも、全部クルーはアンケートにウソの回答をさせられているので全てヤラセです。あんなマジマジと公の場で嘘を言ってて逆に感心します。

もうかなり昔のことですが、初日でいきなりバンズを焼かされた思い出があります。教えてくれたのが自分よりも年齢的に年下のアルバイトの先輩で、やり方を見て同じことを次は自分がやるという流れでしたが、その先輩のやり方が間違えてたらしく、社員の人に怒られてて「この人大丈夫か?」と思いました。今は分かりませんが、あの時はあまりアルバイトに対して教育らしい教育はないんだなと感じました。

仕事内容的にアルバイトしたことのない学生でも、10年ぐらい働いてない主婦のパートさんでも、数週間あれば出来るようになるくらい楽です。ただ、どのファーストフードよりもお客さんが物凄く多い。常にお客さんは店内にいますし、ピーク時は行列で目が回るほど忙しいです。道を跨いだ反対側のファーストキッチンはガラガラで何度もうらやましく思いました。ファーストフードのお店で働くなら一番おすすめしないのがマクドナルド。忙しくないお店の方が絶対にいいです!

子育て中で仕事を探している時に、マクドナルドで働いる友人に話を聞いているうちに興味がわきました。ところが私が入った店舗は最悪で、教育という教育は無く、分からなければ何でも聞いてと言われますが、実際に聞くと「そんな暇はない!周りの状況を見て」とはぐらかされる始末・・・。何が悪かったのか完全に嫌われてしまい、お客様がいても構わずに嫌味ばかり言われうんざりしたので、辞める前に言われたことの全てを記録して、全て店長に相談した上で辞めました。店長さんには申し訳ないと言われましたが、こんな性格的に難だらけな主婦パートを放置している店長にも問題はあるので本当に時間の無駄だと思いました。友人の聞いていた職場の環境と180度違ったので、良いも悪いもお店によるのだと思い知らされました。

Aクルーとかの仕事が出来る人間と、年齢が上(大学3〜4年とかフリーター)の人が話題の中心になるので、私のように口下手でノロマな性格の人間には合わないバイトでした。散々先輩(歳は下)に馬鹿にされ、影で貶され、嫌な事しかありませんでした。

店長にSWにならないかと勧められ、数あるメリットを挙げられ、煽られ、頑張ってSWにタイトルアップしました。がしかし、実際になってみると、SWになったことへの恩恵はあまり感じませんでした。その理由は時給です。スタートの金額が安いというのもありますが、時給は少額しか上がらず、逆に仕事量と責任は倍近く増え、むしろならないほうが良かったと後悔したくらいです。きっと学生のうちから社員並の責任感を与えられ、得られるものもあるでしょうが、忙しくて学業にも支障をきたします。気軽にバイトがしたいならSWまでのタイトルアップはおすすめしません。

良かったこと・メリット

基本平日の夕方からのシフトだったけど、ここまでバイトの人と仲良くなるなんて思ってなかった。先輩良い人だし、後輩かわいいし、同期とはホントに仲良くなった。バイトが変わっても仲良くなった人との交流は続いてる。凄いことだな〜と思います。

責任感をちゃんと持っていて、仕事に対して真面目であればマクドナルドはとてもやりがいのある仕事だと思います。接客や仲間との連携など、コミュニケーション能力も鍛えられたと実感します。でも、周りと気が合うかとかは働いてみないと分からないところもあるから何とも言えないな・・・。

今から10年も前の話ですが、自分がマクドナルドでバイトをしていた当時は休憩の度に好きなセットメニューが無料で食べられました。まかないで食べるハンバーガーは自分で作るので、こっそりポテトLLぐらいにしたり、ナゲットの数を増やしたりして他の休憩中のクルーにおすそ分けしたりしてました。副店長とかも気づいてたみたいだけど、あまり口うるさく言わなかったし、良い人が多くて働きやすかったです。

週3日でシフトに入っている主婦クルーです。普段からトロイと言われる性格なのでピーク時のフライストッカーは火傷もしますし少々苦手ですが、イニシエーターやグリルはやっていて楽しいと感じます。旦那も学生時代にマクドナルドでアルバイト経験がありそのことでよく話しますが、女の私でも楽しいと感じるので、ハンバーガーを作る作業はお仕事ですが、やりがいがあって楽しいと思いますよ。

2017年から約一年ほどアルバイトをしていました。私が働いていたお店のアルバイトはほとんどが高校生と大学生だったので、夕方はほとんど学生のアルバイトばかりでした。みんな歳が近いということもあり、気がつけばいつの間にか2〜3組ほど付き合ってるカップルもいました。学生が多いかどうかはお店にもよりますが、基本的にマクドナルドはどこでも学生のアルバイトが多いお店だと思うので、気の合う友達が出来たり、自然とお付き合いに発展しやすいのかなーと感じました。

まだ小さい子供がいるので、学校の予定や育児を優先する為にマクドナルドを選びました。一日三時間など短時間で働けて、スケジュールは1週間単位での提出なので自分と子供の予定を調整しやすいのがメリットだと感じました。時給も900円なのでそこまで高いとは言えない金額ですが、月に5〜6万円前後ほどの収入にはなります。仕事はマニュアルが整っているので、口頭で教わって人によって言ってることが違うなどということもありません。私はすぐに覚えることが出来ました。何よりもお昼の時間帯は私と同じ主婦の方が働く時間帯なので、仕事もプライベートも話しやすくて心強いです。マクドナルドは学生のアルバイトと思っていましたが、主婦の方が多い理由を実感しました。

アルバイトを始めてから、フロントカウンター、ランナー、ポテト、キャッシャー、ドリンカー、ドライブスルー、ラウンドなど、実はいろんなポジションがある事を知りました。ポジションによって仕事内容は違いますが、どれも慣れれば驚くほど簡単です。キッチンの仕事は男性の担当なので女性はあまりしませんが、パティやバンズはものすごい速さで焼ける機械に入れるだけ。バーガーの種類によってソースの種類やバーガーを包む紙の種類は変わりますが、そこまで種類はないのですぐに覚えられるそうです。カウンターでもキッチンでもスピードがとても重要になりますが、一ヶ月もせずに誰でも出来るようになっています。自身がないけどアルバイトしてみたいという方にはおすすめです。

一概には言えないけど、自分の店の雰囲気はかなり良い方で、コミュニケーションが取りやすくて働きやすかったです。学生が多いので勤務外に一緒にラーメンを食べに行ったり、休日に買い物や遊びに行くこともなんてこともありました。基本的にみんな仲が良いので、いつの間にか恋愛に発展するクルーもいましたね。自分は成人してたのでちょくちょく飲み会に誘われてましたが、誘いが退屈しない、楽しい時間を過ごせました。

Cクルー、Bクルーと仕事で出来ることが増える度に昇給していくので、モチベーションは上がるし、次はこうしようと明確な目的を持てる。頑張れば頑張っただけ時給もアップするのでやりがいはあると思います。すぐに辞める人もいるけど、辞めないで何年も続けているのにはそういった理由があるからだと思います。やる気がある人にはおすすめです!

大学生の頃のアルバイトです。数年前にはなりますが、当時は人数的に高校生の方が多くて大学生のアルバイトは自分を含めて3人ぐらいしかいませんでした。逆に同年代が少なかったからか、短期間で仲良くなって頻繁に飲みに行ったり、連休を使って海外旅行に行ったりするほどの仲になりました。今はそれぞれ社会人をしていますが、忙しくて友人たちと疎遠になりつつある人もいる中で、自分は今でも休みが合えば集まるし、連休が取れれば小旅行に行ったりしているので、マクドナルドでアルバイトをして友人が出来た事が良かったと今思います。

マクドナルドのアルバイトは学校を卒業する学生や就職の為に辞めるクルーの為に、卒店式と言って盛大に祝う式典があります。3年間働いたので、仲良かった子がお手紙を読んでいる時はみんな大泣きでした。仕事で一生懸命頑張った思い出も、いつもいたメンバーと会えなくなる寂しもドット押し寄せますが、こんなに良いバイトは他にないと思うほどに働けたことに感謝します。

忙しい時期は出勤日を減らせたり、シフトの融通がききやすい。バイトの人数が多いのでバイト同士でシフト交代をしたり出来た。接客や敬語の基本が身に付いた。就職活動の際、面接でアルバイトの経験を自己PRに使うことが出来た。 就職前に社員代理のスイングマネージャーとして働けたおかげで、少し早く社会人としての心構えを学べたと思う。大きな声で接客するのでストレス解消になった。同年代のバイトがたくさんいたので楽しく働けた。

時給は安いし上がりもしない(上がっても10円とか)それでも辞めないのは人間関係ですね。仕事に不満はありませんし、忙しくて行きたくない時もあります。それでもバイトが終わって皆と集まったり、遊びに行ったりと毎日のようにしていて楽しかったですね。マクドナルドでバイトしていて楽しいと言ってる人は人間関係に恵まれた人だけだと思いますよ。

かれこれ一年くらい働いている主婦クルーの者です。自他ともにおっとりとした性格と言われるために、初めはピーク時の忙しさに付いていけず、仕事から帰宅した旦那に愚痴を言う毎日でした。(今思うと旦那にも悪いことをしました。)しかし、毎日先輩クルーの皆様に励まされ、「ミスなんて誰にでもあるよー」と優しい言葉も掛けて頂き、今では一通りの仕事が出来るようになりました。お仕事なので辛い事もありますが、それを全員でカバーする温かい職場なので、ここでお仕事が出来て良かったと感じております。

4年間アルバイトとして働きスターをしていました。幼稚園で小さい子ども達と触れ合ったり、ドナアピではショーの司会を任されるなど、たくさんの方を前にかなり緊張しましたが、大変貴重でとても良い経験をさせてもらえました!とても濃くて楽しい時間を過ごさせて貰えたマクドナルドにこ感謝!!実物のドナルドさんは見た目怖いけど話すと面白かったです笑。

友人が働いていれば紹介してもらうのが一番早いですが、一般応募でも面接でバカみたいな話し方をするとか、極端にシフトが少ないとか、非常識な服装や態度を取らない限り大抵は採用されます。忙しい店ほど採用される確率は高いですが、ほとんど職場環境は悪いので、そこそこ暇な店を客として利用して探すのが一番失敗しない方法です。店の混み状況と従業員の雰囲気をチェックした方が良いですよ。

仕事内容は楽なので、バイトに行く前までは強烈に行きたくない気持ちになるし仕方なく嫌々行く感じですが、言ってしまえばという感じはあります。毎度毎度ポテト150円とか、ホットコーヒー無料とかバイト殺しなキャンペーンやる度に辞めたくなりますが、次のバイト探すのが面倒だし、慣れてる楽な仕事を続けるのが楽なんだと思いました。

シフトは自己申告制なので働きたくない日のシフトを出さなければいいだけ。シフト提出もアプリを使って出来るので、バイトが無い日にわざわざお店に行って提出といった面倒もありません。朝働いて学校に行ってから夕方働く事も出来るし、30分単位で調整してもらえるので、用事があるギリギリまで働くことも可能です。空いてる時間を有効活用して働けるのでシフトに関してはかなり融通が効く方だと思います。

3つの仕事内容

この動画はとても分かりやすいですね。

現在では当たり前となった「メイド・フォー・ユー」というオーダーメイド調理システムによって商品を作り置きすることなく、出来立てほかほかの状態でお客様に提供する仕組みとなっています

そのため、お客様に一刻も早く商品を提供できるようクルー達はそれぞれの役割とポジションについて働きます。基本的にマクドナルドの仕事は3つに分類されます。

「フロアカウンター」「キッチン(オペレーション)」「ドライブスルー」それぞれの役割を詳しく見ていきましょう!

フロアカウンター

①オーダーテイカーキャッシャー

FCOT(フロアカウンターオーダーテイカー)と呼ばれる仕事で、マクドナルドの顔として、接客を中心に担当します。お店に行った事がある方ならば分かると思いますが、基本的には女性スタッフが担当するポジションです。お客さまから注文を受けてお会計をするポジションです。未経験者にとってはレジの操作が難しいように感じるかもしれませんが、レジは商品名が書いてるあるポップを押すだけなので簡単に出来ます。そのため、カウンターに入る新人クルーが担当することが多いですね。

②ドリンカー

ドリンク・シェイクマシン等の飲み物のご用意を担当。キャッシャーが兼任で対応する場合もありますが、マシンはボタン一つで正しいドリンクの量を抽出しますので、とっても簡単。ドリンク作成だけでなく原液等の交換もドリンカーの役割です。

③ランナー

ご注文の商品を取り揃える係り。最近ではデュアルポイントサービス(DPS)というレジと商品を受け取る場所が分かれているカウンターが増えて来ているので、商品お渡し口での担当になります。お客様毎にオーダーに適した、ミルク・砂糖・ストロー・ソースなどのコンディメント(調味料)を準備し、お持ち帰りのお客様であれば袋詰をしたり、店内でお召し上がりになるお客様に対してはトレイにのっけてセットします。お持ち帰りのお客様に対してコンディメントを忘れると大変。最悪あとで「ストロー入って無かったぞ!」とクレームを受けてしまうことも。ミスがあった場合、交換や再度お届けなどお客さまの大きな手間になってしまう為、商品知識と確認が重要となります。また、ランナーは商品をお渡しするポジションのプレゼンターと兼任する事も多いです。

④ポテト

ポテトを揚げて盛りつけするポジションで、カウンター内にあることから、カウンター・キッチン共通で行うポジションとなります。ポテトはマクドナルドでは人気の商品なので注文がたくさん入りますが、以前から造り手によって塩加減が違うのでお客様からのクレームも多かったみたいです。しかし最近では、1回ふるだけで適量の塩が出る「アキューソルトディスペンサー」を導入している店舗が増えてきた為、誰でも簡単に塩加減バッチリのポテトを作れるようになりました。そのため「この店のポテト昔より美味しくなった?」と感じたら、それはもしかしたらアキューソルトディスペンサーを導入している店舗なのかもしれません。

⑤フロア

定期的にフロア内の床、テーブル、トイレ掃除をするポジションです。店内を清潔に保つ役割もありますが、設置されているゴミ箱がすぐ一杯になってしまうので、ゴミもこまめに回収したりと、意外と大変です。

キッチン・調理

①イニシエーター

バンマンと呼ばれることもあるポジションです。オーダーが入ると、画面にその内容が表示されます。それを確認し、バンズを焼成する機械に入れたり蒸し器(スチーマー)にかけたりします。同時に、バーガーを包む紙を準備します。

②グリル

パティ(肉)を焼く係です。夏は暑くて結構大変…。マクドナルドではクラムシェルグリルといって、両面同時に焼成する専用の機械を使っています。鉄板にパティを並べて焼き、マニュアルの時間通りに素早くヘラで移動させます。この時間も重要で、美味しく焼けるタイミングがジャストで決まっているんです。

③アッセンブル

実際にハンバーガーを作る、重要なポジションです。生産ラインの中心に立ちます。オーダー内容を良く確認し、それにそって具材をサンドしていきます。ただ単にサンドするだけでなく、見た目を綺麗に、食材は食べやすいよう中心に配置していくことを心がけましょう。

④ファイナル

ハンバーガー製造ラインの最後に位置するポジションです。アッセンブルから上がってきたバーガーを紙に包むのが中心のお仕事ですが、アッセンブルがファイナルまで担当することもあります。

⑤ストッカー

チキン、ナゲット、パイ、フィレオフィッシュなどを揚げてストックしておくポジションです。油を使うので火傷が怖いポジションですが、思ったほど油は跳ねないのでご安心を。基本はストックするための作業ですが、指示があれば資材をダウンする事もあります。

⑥シンク

マクドナルドの厨房奥はあまり見えないので意外に思うかもしれませんが、洗い場の仕事もあります!シンクは使用したトングや調理器具、トレーなどを洗うポジションです。マックっぽくない仕事なので結構みんなやりたがらないんですが笑、僕は好んでやってました。

⑦その他

バーガーソースの補充、プチパンケーキストック製作などの仕込み的な作業。肉や魚、ポテトなどが無くなってきたら、裏の冷凍庫まで取りに行く。フライヤーの掃除、古くなった油の交換、キッチン全体の掃除等。

ドライブスルー

①DTオペレーション
ドライブスルーのブースで、WAS(ワイヤレス・オーディオ・システム)という通信システムを装着し、音声だけでお客さまからの注文を受けるポジションです。ご注文とドリンカーとしての役割との兼業もします。自分の声はマイクを通してお客さまのいる注文パネルに届きますので、この時点では顔は見えずやり取りすることになります。お客さまに不快感を与えないよう、明るい声を心がけるのが非常に大切になってきます。また対面式のカウンター以上に、丁寧で聞き取りやすい話し方をすることが重要。

②ホット

ドライブスルーのお客様が多いとオペレーションだけでは対応しきれないので、外に出てご注文を取るHOT(ハンドヘルド・オーダー・テイカー)を使います。タブレット端末なのでお客さまのご注文を入力するとオーダーが厨房に送信されて、最小限のお待ち時間でお渡しが可能になるという仕組みです。状況によりますが、忙しい時は2〜3人程配置することもあります。

③DTランナー・セットアッパー

CTランナーのドライブスルーバージョンです。お客さまご注文の商品を全てテイクアウト用に取り揃え、内容に間違いがないかを確認します。またセットアッパーは、ストローや砂糖、カトラリーなどのセットアップをフォローするポジションです。こんな細かい役割もあるの!?と思われるかもしれませんが、ドライブスルーって見た目以上に大変なんです!そのためセットアッパーのようなポジションも必要というわけなんですね。

②キャッシャー・プレゼンター

ドライブスルーではお金の受け渡しを担当します。店舗によりますが、キャッシングブースとプレゼンティングブースに分かれている店舗では、それぞれ担当も分かれますが、ブースが一つだけの場合は、キャッシャーとプレゼンター兼任になることがほとんどです。

デリバリー

店舗により、デリバリーサービスも行っています。電話注文で自宅まで届くため、利用している方もたくさんいるみたいです!

デリバリーは店舗のバイトスタッフが店舗内の仕事と兼任で行なっています。

マクドナルドのイメージカラーである赤いバイクで、専用のユニフォームを着用してお客さまのご自宅までお届けします。

できたての商品をお届けすることが大切ですが、何よりも安全運転が第一!

道順や交通状況をきちんと把握し、確実にお届けできるよう心がけましょう。

知っとこ!マクドナルドのタイトル

お店に行くとテキパキと働くベテランの方と、まだ動きがたどたどしい新人さんがいますがそれもそのはず。マクドナルドのアルバイトは全員にタイトル(階級みたいなもの)が決められています。どういったものなのかを見ていきましょう!

30days

トレーニーなどとも呼ばれますが、初心者マーク付きの始めてまだ間もない新人クルーのみなさんです。

クルー

お客様期間が終了してようやくスタートといった感じでしょうか。キッチン・カウンターそれぞれの業務を基礎からしっかり覚えていきます。

トレーナー

トレーナーになるためには事前に「トレーナーT」として勉強する期間を設けられます。読んで字のごとく、クルーをトレーニングする役職ですので、クルーの仕事や基礎知識がきっちりとこなせる方がトレーナーに昇格します。またこのレベルからちらほら他店へのヘルプに駆り出されます(断ることも可)。まず初めにクルーが目指すべきタイトルがここではないでしょうか。

スター

接客のスペシャリストとしてそのポテンシャルを期待される立場です。基本的にはトレーナーと同じような立ち位置ですが、お客を第一に考えたサービスが出来る、気配り上手で笑顔あふれる方が対象となります。仕事内容は幅広く要求されますが、他のクルーとは違い、ゴミ拾いなどの地域活動、ギブアウェイやドナルドアピアランス等のイベントの担当、企画・運営などもこなします。経験された方の多くは「やりがいがある仕事」と評判も高いですね。ちなみに客席がそこまで大きくない店舗やイベント実地がない店舗では、スターそのものの役職がないこともありますが、女性クルーの方が目指すべきポジションと言えるのではないでしょうか。

SWM(スウィング・マネージャー)

SMGになるには事前にハンバーガー大学で3日間研修を行い、シフトマネジメントやマネージャーとしての役割を学びます。アルバイトでなれる最高峰のタイトルなので、相応の時給はアップします。就職活動の際の自己アピールとして利用する方も多いとか。しかし、リアルな声として「アルバイトなのに社員並の責任を負わされて大変」という口コミが多いのも事実。この上のタイトルに「マネージャー」「店長」といますが、全員が社員です。

シフトのついて

「テスト期間中は休めるの?」「休みたい時はどうしたら良い?」などシフトに関して気になる方は多いかと思いますので、簡単にご紹介します。

シフトは自己申告制

シフトの提出期間は店舗によって違いますが、基本的に1週間分のスケジュールを2週間前に提出するというところが多いです。「websmile」というクルー専用のサイト、またはスマホアプリがあるので、簡単に提出が可能です。ただし「携帯を持っていない方」「今故障中という方」「期限までに提出しなかった方」は、事務所に置いてスケジュール用紙に直接書いて提出することになります。

テスト期間中の休み

こればっかりはお店によって違いますが、「一週間まるまる休めた」という方もいれば、「一ヶ月休んだ」という方もいます。ですが、基本的には「1日2時間から」と各店舗によって定められている基準にしたがって働く義務があります。テスト期間中でも一週間のうちの2時間だけと短い時間だけの勤務が可能なので、そういった意味でもマクドナルドのアルバイトはシフトの融通が効く方と言えるでしょう。

時給アップのシステムについて

①クルーからトレーナーなど、タイトルが変わると同時に時給がアップ。
②3ヶ月に1度のパフォーマンスと半年に一回の給料査定から決まる。

トレーニーからクルーなど、タイトルアップする為には仕事内容やそれぞれの役割を理解する必要があります。仕事の理解度を評価するためには、CDPと呼ばれるスキルチェックを行うためのシートに定期的に自己評価します。

自分で理解していて、さらにトレーナーやSMによって全て達成出来ていると評価を貰えれば、ネームプレートに達成済みのシールを貼る事が出来ます。これにより、タイトルアップして時給もアップする仕組みです。

アルバイト先の店舗を選ぶ3つの基準

元、現クルーの様々な方にアンケートを頂いて、アルバイト先としての基準を聞いてきました!

ドライブスルーの有無

ドライブスルーが併設されている店舗とそうでない店舗。ヘルプとしてどちらも行ったことがある方の意見を参考にしました。やはり、圧倒的に「ドライブスルーの無い店舗のほうが楽!!」という結果になりました。この理由は聞かなくても分かる気もしますが、仕事量が増えるので大変という意見が多かったです。

時給で判断

「時給」はアルバイト選びの重要なポイントになるところですよね。各都道府県やその地域でも出店しているエリアによって賃金は変わってきます。どの地域でも最低賃金と同じくらいならば比較的忙しくないお店です。しかし、ショッピングモールに入店している店舗や主要駅の中もしくは駅前に出店している店舗は要注意!!時給1000円超えの求人もたくさん見かけますが、大抵どの店舗もお客さんが多く人手不足で、なかなか人が集まらずに時給が高めになるというわけです。

最低賃金の時給でも22時以降に働く場合は深夜時給として、基本時給の25%が上乗せされます。18歳以上であれば22時以降のシフトにも入れますので、沢山稼ぎたいという方は特別高い時給の店舗ではなく、普通の時給の店舗で深夜帯を狙ってみてはいかがでしょうか。

従業員の雰囲気

カウンターから覗いてみると結構な判断材料になります。クルー同士が楽しそうにお喋りしていたり、協力して見事なチームワークを発揮している店舗は普段からコミュニケーションを多く取っているので働きやすいです。反対に怖そうな人だったり、堂々とお客様がいる目の前で従業員を叱りつけているような人がいる店舗に採用されたら大変です。絶対に辞めておきましょう!喧嘩してるなんて事は滅多にないでしょうが、それなりに見てみると雰囲気はつかめます。

面接対策の全て

マクドナルドのアルバイトに興味が出てきた方は思い切って応募してみましょう!ここでは面接で失敗しないための方法を紹介していきます。

履歴書はいらない?顔写真は?

まず始めに面接と言えば履歴書が必要となります。「字が汚い」「顔写真がない」といったものは論外です!しっかり書きましょう。しかし最近では、マクドナルドの面接では履歴書が不要と言われることが多いです。そういった場合は、面接当日に「クルーエントリーシート」というマクドナルド専用の用紙に記入することになります。

ちなみに、エントリーシートには

  • マクドナルドで働こうと理由
  • 今、一生懸命に取り組んでいること
  • 1年の間に自分が頑張ったと思うこと
  • グループで協力して何かに取り組んだこと
  • またその時の自分の役割や貢献できたこと

など様々な質問と

Q1.お客さまの注文と違うハンバーガーをお出ししてしまいました。あなたならどうしますか?

A1.気づかなかったふりをしてそのままお渡しする

A2.黙って正しい物に変える

A3.お客さまに謝罪をし、キッチンに注文を間違えた旨をすぐに伝える。

こういう感じの内容です。※実際の問題とは異なります。

一般常識を兼ねたテストのようなものがあります。テストと聞くと身構えてしまいますが、大したことはないので心配しなくても大丈夫です。

服装

飲食店なので第一に「清潔感がある服装」を心がけてください。履きつぶして元の色がわからないようなスニーカー、裾や膝がボロボロになっているGパン、襟が黄ばんでいるシャツなどは厳禁!!しまむらやユニクロで十分ですので、キレイな服で面接に臨みましょう。高校生は制服でOK!部活のジャージなどは論外ですので気をつけて。

面接の服装については以下の記事も参考にしてみてください!
バイト面接の服装!意外と知らない職種に合わせるべきスタイルを紹介

髪型や髪色

髪色の基準に関しては、店長により黙認的な部分もあるようです。色の目安としては5〜6トーン位と思っていてください。
どうしても受かりたい方は、黒に戻していくことを強くオススメします。どうしても…という方は水で落とせるカラースプレーでも良いでしょう。

ピアスやネイルはあり?

これも気をつけたい注意点の一つ。面接ではピアスだけでなくネックレスや指輪などのアクセサリー類は厳禁です。ヘアゴムの飾りにも注意しましょう。なぜ禁止されているかというと、知らず知らずのうちに外れてしまい「異物混入」に繋がる可能性があるからです。同様の理由でネイルも厳禁。透明ならわからないよね!なんて甘い考えは捨ててください。意外と上の人達は細かいところまで見ていますよ!

面接での質問内容

面接の際の担当者により聞かれることは変わる場合がありますが、以下のような質問は必ず聞かれるようです。

  • マクドナルドを選んだ理由・志望動機
  • 自己PR・自己紹介
  • 接客や飲食店経験の有無
  • 週にどのくらい何時間入れるか
  • カウンター/キッチンの希望

働く際の当たり前の質問が多いですね。きちんと受け答えができるか姿勢や態度に気をつけていれば大丈夫!後は基本的に当たり障りのない世間話して、言葉遣いだけ気をつけておけば問題ありません。

どうしても不安なら体験会へ!

マクドナルドではアルバイトを希望する方向けに、「クルー体験会」というイベントを実施しています。30分前後の短い時間ではありますが、実際にカウンターの中に入ってみるなかなかない貴重な機会です。

店舗により内容が少しずつ異なり、好きなバーガーを1つ〜セットをまるごと作れるところもあるようです。もちろん無料ですので、バイトが気になる方だけでなくお友だちを誘ってみるのも良いかもしれませんね!

応募するならお祝い金が貰えるところがおすすめ!

応募は求人サイトからとなりますが、どこから応募するかは超重要です!なぜなら採用されるとお祝い金がもらえる求人サイトがあるから。

求人数が多く、採用されれば最大1万円お祝い金が最短で翌日貰える「マッハバイト」がおすすめです。

今回、マクドナルドのアルバイト経験者の方から頂いたアンケートの中でもマッハバイトを利用している方がたくさんいらっしゃいました。ちなみに「アルバイトEX」「バイトル」から応募された方もたくさんいたので、もし働きたい店舗が無ければチェックしてみて下さい!

タウンワーク公式サイトはこちら

タウンワーク

シェアフルアプリダウンロードはこちら

単発バイトアプリ「シェアフル」

-アルバイト
-

関連記事