転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイト・正社員・派遣などの情報を公開

Indeedは求人が探しづらいって評判が多い?利用者の口コミは

indeed 評判

Sponsored Link

最近物凄い勢いで知名度をあげている「Indeed」いう求人検索サービス、ご存知の方も多いのではないのでしょうか。

日本では2012年にリクルートホールディングスが買収して大きな話題となりましたが、日本での利用者数も増えてきて、現在ではなんと月間1000万人以上のユーザーがいるそうです。

そして、世界では60ヶ国以上・28言語に対応していて月間1億8000万人以上のユーザーが仕事探しのツールとして利用しているというのだから驚き。世界No.1求人サイトというだけの事はありますね!

ただ日本でCMが始まったのも2016年頃からなので、まだまだ見たり聞いたりしたことはあっても実際に利用したことがないという方も多いかと思います。

そこで実際にindeedを利用した事がる人の評判・口コミから、使いやすさや特徴をなどをまとめてみました。

Sponsored Link

indeedの評判・口コミ

悪い・使いづらい

地元の求人でいいなーと思うのがあったけれど、ハローワークに書類を取りに行かないと応募できない求人でした…。今までバイトルとかしか使ったことがなかったのでびっくりしました。こんなことってあるんですか?私が知らなかっただけ?家からハローワークまでものすごく遠くて電車代がかかるので応募はやめました。他の求人サイトで探したら普通に応募できたので何でという感じです。

バイト探してるのに正社員の求人ばっか出てきてめちゃ見ずらい。CMの印象が強いから試しに使ってみたけどインディードから応募する人っているの…。正社員求人もなんかわけのわからないものばっかだしバイトもお店の名前が載ってなくて怪しいのいっぱいあるし、なんか闇。

indeedは求人数は多いけど無駄な情報も多いです。在宅の仕事を探していたときに使った事がありますが、聞いたことのないような企業がたくさん出てきました。内容も仕事の詳細が無くてすぐに応募ページに進むようになっているものばかり。全く関係のない専門職や受付スタッフなどがたくさん表示されるのでかえって仕事を探すのに時間が掛かりました。月収20万円などの怪しげなのいくつかあり、ちょっと怖かったです。

最近CMで頻繁に見かけるので、気になってindeedを使ってみたけど恐ろしく使いづらい・・・。最初見たときはシンプルでごちゃごちゃしてないからいいなと思ったけどそれも一瞬で、使ってるうちにシンプルな感じが逆に見づらくて使いづらかった。検索かけても文字ばっかりで、やりたいバイトの情報とは関係ないものも出てくるから、結局普通に求人サイトで探して応募しました。バイト探しには向いてないです。

indeedの良い使い方は、業種や職種が決まっていてそれぞれの転職サイトの仕事を比較したい時だけでしょう。やりたいことが明確に決まってないと情報が多すぎて混乱します。しかも企業側が求人を無料で載せられるので、怪しげな求人も溢れています。バイトも正社員の仕事も探せるのが売りなサイトだが、それぞれちゃんとした求人サイトを使ったほうが効率的で安全です。

あれだけ大々的にテレビで宣伝してるのに、indeedで仕事を探してみたら古い情報ばかりで驚きました。内容が記載されていな求人があったり、掲載が終了していたり。求人数は多いけど、本当に欲しい情報も手に入りませんでした。多ければいいって問題でもないので、もう少し細かく条件を絞れるようにして欲しいです。

ここ数年でCMや駅中でも広告を見かける機会が増えたIndeedだが、企業が無料で載せてる求人なんてブラックしかないから絶対に使わない方がいい。まず唯一メリットらしいメリットといえば求人の情報量が多いという一点のみだが、検索システムが職種などのキーワード入力と、勤務の入力のみなので思ったようにお目当ての求人を探せない。せっかくの情報量も検索システムがこれでは活かせない残念な仕様。また、アルバイトならすでに求人数の多いタウンワークや知名度のあるバイトルがあるので、わざわざこのサイトを使う必要は無く、派遣や正社員の仕事を探すとしてもエージェントのサポートを受けれないのでメリットは感じられない。さらに応募時はindeedの履歴書に登録したのにもかかわらず、結局再入力しないといけなかったりで面倒も多い。掲載終了したまま放置するのだけは辞めて欲しい。

良い・使いやすい

事務とかじゃなくデスクワークのいい仕事がみつかりました!しかもお昼ご飯付き〜^^ちょっと特殊な仕事だから集まるかわからなかったらしく、広告費つかって求人を出す前にインディードを使ってみたって社長が言ってました。偶然でもいいバイトが見つかってよかったなーって思ってます。

indeedを使って短期バイトをしたことがあります。登録なしで給料手渡しのところを探してたので、たくさん情報が出てきて助かりました。

在宅の仕事を探している時にindeedを利用しました。最初は在宅の仕事をどこで探したら良いか分からず困っていたのですが、CMをたまたま見て試しに探してみるとたくさんの求人がありました。求人の掲載元はanやはたらこねっと等のアルバイト求人サイトのものでしたが、一度に色々な求人サイトの情報を見れるのは便利だと思いました。

WEBデイナーの仕事を探してる時にindeedにお世話になりました。正社員だけに限らず、派遣やバイトなど雇用形態を絞ってなかったので、あらゆる企業情報や求人サイトの仕事が探せるのは便利でした。Googleみたいに好きにキーワードを入れて探せるのもいいですね!

大きい会社で働くことに疲れてしまい、ありとあらゆる求人サイトで仕事を探したところ、Indeedにたどり着きました。最初は文字ばっかりで何だこのサイト…怪しい…と思ってました。正直CMしてなかったら使わなかったですね。でも色々調べてみると、結構レアな求人が出てるんですよね。今は街の商店街にある小さな会社で働いてます。大手の求人サイトにはない求人が見つかるところはすごく良いと思います。自分でガンガン探していきたいって人にはおすすめですよ。

indeedを利用するメリット

レアなバイト求人がある

求人サイトの情報を一括して検索できることで、珍しいバイト求人が掲載されていることもあります。

またIndeedは無料で求人を掲載できることから、中小企業やベンチャー、個人店、地方の採用情報も多く取り扱っているのが他の求人サイトとは違うところです。

「働いてみたいお店があったけどどこにも求人情報がなかった」というレアなバイトも見つかる可能性が高いといえます。

膨大な求人数!

indeedの一番の特徴は何と言っても膨大な数の求人があること!
「求人特化型の検索エンジン」と言われていて、世の中のありとあらゆる、アルバイト・正社員の求人情報を集約しています。

求人数では、アルバイトなら約85万件以上、正社員求人は約90万件ほど掲載されているので、他の求人サイトとは比べ物にならないほどの情報量となっています。

  • 【indeedで探せる求人サイト一例】
    ・アルバイト(バイトル・タウンワーク・マイナビバイトなど)
    ・正社員(DODA・マイナビ転職・@typeなど)
    ・派遣(エン派遣・アデコ・パソナなど)
    ・小〜中の企業求人
    ・ハローワーク求人

このように、様々な他社メディアの求人情報をindeed一つに集約しているので、多くの情報から自分に合った仕事を探すことが可能です。indeed1つで色々なサイトの情報を見ることが出来るので、いちいちサイトを見比べる必要がなく、お仕事情報を収集したり比較するのに便利ですね。

シンプルで直感的に使える

アルバイトも、正社員や派遣のお仕事も、求人サイトによっては「ごちゃごちゃしてて探しづらい」といった方は一定数います。

しかしindeedでは、GoogleやYahoo!と同じようにIndeedのトップページにある「キーワード」「勤務地」を入力してお仕事を探すのでとても簡単です。

条件を絞り込んで検索したい場合も「検索オプション」から、雇用形態・想定年収・検索対象サイト・掲載期間など細かい条件を指定出来ます。indeedを利用している人の口コミでは「シンプルで見やすい」と感じている人が多くいました。

indeedのデメリット

お祝い金など求人サイトの特典がない

Indeed経由でバイトに応募した場合、お祝い金など求人サイト独自の特典を受けることができません。求人サイトによっては数万円のお祝い金を支給しているところもありますので、せっかく応募するならそちらを利用したほうが確実にお得といえるでしょう。

お祝い金のついている求人サイトの情報が検索条件にヒットしていれば、Indeed内でも表示されることがあります。ですがIndeedの検索結果は情報元がどこの求人サイトかが分かりづらく、応募するまで判断がつかないことも多いです。

やりたいバイトが決まっている方やお祝い金制度を利用したい方は、アルバイト求人サイトを利用したほうがいいでしょう。

また正社員転職で企業が直接掲載しているものだった場合、エージェントのサポートは受けられず自分ですべて対策をしていかなければなりません。

転職エージェントでは「履歴書や職務経歴書の書き方」「カウンセリングを元にしたお仕事紹介」「個別面談、個別指導」「非公開求人の紹介」などのサービスを無料で受けることが出来ます。

転職支援を受けたい、早く転職を成功させたい、という方は転職エージェントの利用をおすすめします。

正社員なのかアルバイトなのか分からない

一般的な求人サイトは大まかに正社員とアルバイトの棲み分けがされています。アルバイトの求人サイトでも正社員の募集はあったりしますが、その場合でもアルバイトからスタートというケースが多いです。

Indeedは指定しない限り正社員もアルバイトも情報が一緒くたに表示されるため、どちらの求人か非常に分かりづらくなっています。

検索精度が低い・・・

実は、indeedを実際に利用した人の中で最も多い口コミが「検索精度が低い・・・」といったものでした。居酒屋の求人を探しているのにデータ入力の求人が出てきたり、特定の地区を入力しているにも関わらず、全く関係のない県や市の求人が表示されたり・・・。

検索オプションである程度絞り込んでいても関係ないものが表示されてしまうようです。

募集が終了している求人が多い

Indeedで取り扱っている求人以外は他のサイトから情報があつめられています。そのためIndeed側で掲載の確認がされていない求人が中にはあるようで、「応募しようとしたらできなかった」という口コミも寄せられていました。

ただ現在は掲載もしくは更新されてからどのくらい時間が経っているかが表示されているため、募集されているかどうかの目安にはなっているようです。

怪しい求人が多い

通常、企業側が人を雇う場合は求人サイトに広告費を払うケースが大半ですが、indeedは無料で求人を掲載できてしまいます。その為自社で採用ページを持たない企業や、とにかく早く採用を取りたい企業などがお金のを掛けず求人を掲載できてしまうので、怪しげな内容の求人もたくさんあります。

内容をしっかりと見極めたうえで応募しないと、大変な目にあうかもしれないので注意が必要です。

応募時の登録設定が面倒

一般的な求人サイトでは、自己PRや個人情報などのフォーマットを登録しておけば複数の求人に応募するときもいちいち入力し直す必要はありません。

しかしIndeedでは様々な求人サイトから情報をあつめているため、掲載元ごとに自分の情報を登録し直す必要があります。いいなと思う求人が複数あった場合、応募だけでも大変な手間と時間がかかってしまう点は、すぐに応募したい方にとって大きなデメリットになってしまうでしょう。

まとめ

求職者の仕事探しという点においては、求人数が豊富で内容を比較するにはいいのかと思います。ただし、現状の口コミでは「使いづらい」「関係ないものが表示される」「募集が終了している」など、悪い評価が目立ちました。

情報を集めるのにはいいかもしれませんが、求人に応募するならちゃんとした大手の求人サイトを活用する方が良いかもしれません。

バイトル公式サイトはこちら

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事