転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイト・正社員・派遣などの情報を公開

バイトの探し方にもコツがある!自分に合う求人を見つける方法とは

Sponsored Link

アルバイトを探す時、様々な条件で悩んだり求人サイトは何処を使うべきか迷ってしまったことはないでしょうか。
また誰しもが、自分に合うアルバイトを探したいと考えていると思います。

今回はアルバイトを探す際に抑えておきたいポイントや、求人サイトの選び方、おとくな使い方についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

自分に合ったバイトを探すポイント

希望条件を決める

漠然と「お金を稼ぎたい」「アルバイトがしたい」と思っても、では一体どうしたら良いのかという段階で行き詰まってしまうことも多いのではないでしょうか。

まずは思いつく希望条件をどんどん挙げていきましょう!
自分が何をしたいのかが見えてきますし、意外な仕事が見つかるきっかけになることもあるためです。

「時給が高い」「キレイな環境で働ける」「駅から近い」「制服がある」「ピアスやネイルが自由」等なんでも構いません。
求人サイトを見ながら列挙していくのもいいでしょう。

ある程度条件が出揃ったら、その中から絶対に譲れない3つを選んでみてください。
全部の条件に当てはまるアルバイトはなかなか見つかりません。
でも「妥協しても良い条件」「ここだけは妥協できない条件」に分けることで、この後の求人検索がよりスムーズになります。

優先順位をつける

3つに絞り込めたら、更に優先順位を付けてみましょう。
優先順位をつけることで、どんな働き方が向いているのかや希望に合うバイト先はどんな仕事なのかがある程度絞り込むことができるのです。

例えば「時給が高い」「週一日〜」「シフト自由」とした場合、この方はスポットでしっかり稼ぐ「短期単発バイト」が希望条件に合うと言えるでしょう。
また「キレイな環境」「室内での仕事」「人と関われる」としたなら、希望に合う仕事は「オフィスワーク」や「販売・接客」ということがわかりますね。

もちろん当てはまる職種や働き方はこれに限るわけではありませんが、アルバイトの希望や候補をざっくりと絞り込みたい時に有効な手段として非常に有効です。

希望しない条件も考える

アルバイトをする際は、希望する条件だけでなく「これは絶対にしたくない」といった除外したい条件も考えておきましょう。
バイト先の候補が様々出てきた時やりたくない条件もしっかり確認することで、自分の希望とのマッチングミスを防ぐことができます。

例えば短期単発バイトを希望条件とした場合、「接客」「屋外での仕事」を除外したとしましょう。すると「軽作業」や「倉庫内作業」、「座談会モニター」などが候補に上がります。
ここまでで、希望にマッチングするアルバイトがかなり絞りこめると思います。

ただしこちらもあまり欲張りすぎると、「いつまでたっても良い求人が見つからない」なんてことにもなりかねません。
「絶対に妥協できない点」に加え、「希望はしないが妥協しても良い点」をリストアップしておくと良いでしょう。

条件を重視するなら求人サイト

様々な条件を組み合わせてアルバイト求人を探せるのが、求人サイトです。一口に求人サイトと言っても様々な種類、特徴がありますね。
ここでは上手く求人サイトを使う方法や、おすすめの情報をご紹介していきます。

求人サイトを使うメリット

多くの方が利用している求人サイトは、何と言っても「探すのに時間がかからない」という点が一番のメリットと言えるでしょう。
足を使って探すのでは難しい似たようなバイト先を、時給や通勤時間で簡単に比較することが可能です。

また多くの条件からアルバイトを探せますので、より自分の希望に合った求人が見つけることができます。
先程ご紹介した「3つの希望条件」を指定して検索するのも、求人サイトならあっという間です。

更に注目したいのが、採用お祝い金がついている求人サイトがあることです。
一般的に企業やお店に直接応募した場合はこの特典はありませんので、利用しない手はないでしょう。

今回ご紹介するアルバイトEXは、様々な大手求人サイトと提携して情報を提供している日本最大級のアルバイト求人サイトです。
採用されると3万円、更に提携先のお祝い金やキャンペーンなど、高額で多彩な採用お祝い金がついているといった大きな特徴があります。

検索機能も充実しており、求人サイトでは珍しい「除外キーワード」も設定することができるんです。
希望しない条件を除外キーワードに設定することで、マッチング率もぐっと高まります。
自分に合ったバイトをお得に探すなら、是非アルバイトEXをチェックしてみてください!

特殊な仕事は専門サイトで

「具体的にやりたいバイトは決まっているけどなかなか見つからない」「条件に合うバイトがない」
そんな時は専門的なアルバイトを扱うサイトを覗いてみるのも良いかもしれません。

どんなジャンルがあるかというと、飲食、工場・軽作業、短期・単発、塾講師、医療系、販売など実に様々な専門サイトが存在しています。
こういったサイトでは、他では扱わない求人が掲載されていることもあるようです。

色々見て回るのは面倒くさい…そう思われるかもしれませんね。
実は先程ご紹介したアルバイトEXなら、このような専門的なジャンルも網羅しているんです。

かなり幅広い職種の求人サイトと提携していますので、一度により多くのアルバイトを探すことが可能です。
ただし提携先の求人が100%載っているというわけでは無いようですので、まずはアルバイトEXをチェックしてみてから各サイトを確認する方法がおすすめです。

ちょっと変わったバイトも見つかる

友達がやっていないような変わったバイトがしてみたい!そんな時にも求人サイトは使えます。
ジョブセンスからリニューアルしたマッハバイトでは、「最短6秒勤務で一万円がもらえるバイト」などユニークなお仕事を募集することがあります。

その内容は「ハンドスピナーを止めるバイト」「アメリカンドッグの皮を剥がすバイト」など、かなりパンチの聞いたものばかりです笑。
流石にここまで個性的なバイトはキャンペーン中だけのようですが、マッハバイトは他には無いような求人も沢山ありますよ!

例えば超有名なテーマパークのキャスト募集子ども向け英会話教室の講師など、ちょっと人とは違うバイトが見つかります。
見ているだけでも興味深いバイトが見つかることもありますので、まずは「希望勤務先」や「希望する特徴」などで検索してみると良いでしょう。

求人サイトを選ぶ時に抑えておきたいこと

今回ご紹介した「アルバイトEX」や「マッハバイト」以外にも、様々な求人サイトがありますね。
アルバイトを探す前に、求人サイトを選ぶ際抑えておきたいポイントを今一度まとめてみました。

求人数がどのくらいあるのか

より自分に合った良いアルバイトを探すには、求人数がとても大事です。
多くの件数を扱っている求人サイトはそれだけ種類も豊富ですので、条件にマッチングする確率が大きく上がります。

また基本的にどの求人サイトも毎日情報を更新しているため、なるべく早めに応募することも大切になってきます。
応募人数の目安や掲載期間がいつまでか等記載されている場合は、その部分もチェックしておくと応募タイミングの参考になりますよ!

得意とするジャンル

各求人サイトの得意とするジャンルや、専門的に取り扱っている職種も見ておくと良いでしょう。
特に特殊な条件や職種でアルバイトを探したい方には、得意ジャンルを見極めることは非常に有効です。

専門サイトでは一般的なサイトとは違い、職種や条件がかなり細かく設定されています。
ただし専門的な求人サイトは取扱件数が少ないこともあるため、適宜利用することをおすすめします。

お祝い金の有無

せっかくの機会ですから、お祝い金があるかどうかもチェックしてみましょう。
今回ご紹介した「アルバイトEX」「マッハバイト」は、お祝い金が求人サイト側から支給されるタイプのものです。

中には「アルバイト先からお祝い金を受け取る」タイプのものもありますので、少し注意して確認しましょう。
というのも「実際働いてみたら条件が厳しくて受け取ることができなかった」「バイト先にお祝い金の申請をするのは気が引ける」という方も多いからなんです。

まずお祝い金の有無を確認し、そのお祝い金はどこからもらえるのかを確認すると良いでしょう。

スピード重視なら自分の足で

最後に、自分の足で探すという方法もありますね。
アクティブ派の人にはこちらも一般的なのかもしれません。

お店や企業に直接連絡を取るため、場合によっては求人サイトを利用するよりも採用までスムーズに進むこともあります。
とにかく早く担当者と連絡をとりたい方には向いている方法と言えるでしょう。

また学生さんであれば、各学校の学生課(もしくは生活課)でアルバイトを紹介していることもあります。
学科や学部で学んでいる内容に合った求人が多いため、将来の就職活動により役立つアルバイトが見つかる方法です。

まとめ

求人サイトを使う際も自分の足で探すときも、情報量は大切です。
求人についての情報量だけでなく、どんなバイト先で働きたいのか、条件はあるのかなど自分についてもしっかり考えておきましょう。

バイトル公式サイトはこちら

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事