転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイトや正社員、資格などの情報を公開

プロントのバイトならカフェもバーも経験できる!評判や仕事内容について

プロント バイト

Sponsored Link


今までプロントはバータイムに利用していただけだったので、僕の中での印象は適度に暗くて小洒落たお店というイメージでした。

だけど、たまたまランチタイムにお店に入ったら雰囲気が全く違ったので驚いちゃいました。昼と夜ではこんなにお店の雰囲気が変わるんですね!!

店員さんの対応も親切だし、ドリンクもフードも安いので一気に好きになりました(^^)

パスタもとっても美味しかったので、これからはカフェタイムもどんどん利用していこうと思います!

カフェ&バープロントは、カフェの時間帯とバーの時間帯でお仕事の内容も変わってくるようです。

人気アルバイトということもあって、気になって評判や仕事内容、面接対策など色々とまとめてみました!

Sponsored Link

働く前に知っておきたいプロントの特徴!!

COFFE&BAR「PRONTO」は、カフェ株式会社プロントコーポレーションが運営するブランドの1つで、お昼は低価格のコーヒショップでセルフサービスのカフェスタイル、夜はフルサービスのオシャレなショットバーに変身するちょっと変わったカフェなんですね。

本格的なパスタがお手頃価格で楽しめるということもあってお昼時はOLさんがたくさんいるイメージがありますが、プロントとのパスタはホントに美味しいです(๑´ڡ`๑)まだ食べたことがない人は是非食べてみてください!

プロント以外にも、カフェスタイルの「CAFE SOLARE」ワイン酒場「DiPUNTO」、「4RDANISHCAFE」「IL BAR」「espressamente illy」といったブランドがあります。

プロントのバイト評判・口コミ

きつい・大変

プロントで数年バイトをしていました。過去に飲食店でアルバイト経験がありますが、プロントの接客はアルバイトの中でも厳しい方だと思います。言葉遣い・マナー・作法や礼儀など、みっちりと叩き込まれるので経験しておいて損にはならないと思います。ただし一人前と認められるまでは大変かもしれませんね。また知っての通り、夜はバータイムとなります。この時間帯ではなにせアルコール提供があり、メニューなども変わってくるので夜は夜で覚えないといけないので大変です。基本的にシフトは昼のカフェの時間帯と、夜のバータイムで時間帯を別けて働いてるので、自分がシフトに入る時間帯の作業を覚えれば問題ありませんが、メインで入ってる時間帯がバータイムでも、人手がなければ昼間の時間帯も入らなければならないし、自分以外にも2つの時間帯で働く人は、自分も含め時間帯業務も覚えるのが大変だったと口を揃えて言ってました。またバータイムは酔っぱらい客に絡まれる事もあって面倒だなーと思うこともありましたね。

昼のカフェタイムタイムがメインのキッチンスタッフだったので、朝のモーニングを作りなどはたまにだったけど、昼はパスタの注文が大量に入って大忙し。作るだけならまだ大丈夫だけど、運ぶ人が休憩に入ってると自分で運んだりもして、担当で別れてる意味があるのかと思ってしまいました。他の店舗がどうなのか分からないけど、自分が働いてる店舗は忙しかったので、ゆったりとした雰囲気の中で働くカフェ店員のイメージとは違ってとにかく大変でした。

バータイムでカクテルを作っていて自分は楽しめたけど、お酒に詳しくない人は苦痛だと思います。まあお酒が苦手な人はバースタッフにはならないと思うけど、飲食店でのバイト経験がない人は採用も厳しいかと思います。あとカフェあるあるですけど、うちの店舗は顔採用をやっていました。店長がカワイイ子ばかり採用するのでそれとなく聞いてみたら、容姿は重要って言ってて、それは分からなくもないけど、不採用の子に対してあれこれ言ってるのを聞いてしまった時は人間として最悪な人だと思いました。

私はもうプロントでは働きたくないです。男性スタッフにしつこく付きまとわれた事や、女性スタッフが多い職場なので人間性が合わないと仲間はずれみたいになるので私は辛かったです。

プロントでは基本的にカフェでもバーでもどちらでも好きにシフトを選べるので、カフェに飽きたらバーで働く事も出来るのが良いところだと思います!しかし私はずっとカフェの方で働いていて、今は辞めて全く違う仕事をしています。今思えばあの時にバーでお酒を作ったりしておけばもうちょっとお酒に詳しくなれたのかなと悔やんでおります。

楽・楽しい

プロントが好きでよく利用しいていたので、かわいい人店員さんや、カッコイイ人が多くて少しだけ憧れていたので、思い切ってバイトに応募しました。私の働いていたお店の従業員は容姿が整った方ばかりで、しかも皆さん性格がいい!これだけ美人&イケメンが多いと、ちょっとぐらい正確に問題がありそうな人もいるかなと思いきや、誰ひとりとして変な人がいなかったので、今にして思うと後にも先にも人間関係が最高の職場はプロントだけだったと思います。バイト先の同い年の子とは仲良くなって、辞めた今でも交流は続いていますが、ここまでバイトで仲良くなれたのもここだけでしたね。

学生時代にプロントで働いていました。まず何と言っても人間関係がとっても良いのでとっても働きやすかったですね。私の友達も別の店舗で働いていましたが、同じようにスタッフにいい人が多いと言っていました。ネットの評判を見てもやはり「人間関係が最高です!」といった口コミが多かったので、どの店舗でも人間関係は良好なところが多いようですね。またカフェなのに昼と夜でお仕事の内容が変わってくるのも楽しかったですね。覚えないといけない部分は出てきますが、その分やりがいもあるので、カフェだけでなく、夜のバータイムのお仕事も経験出来るプロントはいいところだと思いますよ!

プロントって、普通のカフェとは違って夜はお酒も提供しているので、お昼の時間帯と違って夜は賑やかになります。でも大衆居酒屋と違ってオシャレな雰囲気なので、あまり困ったお客さんはいませんでした。居酒屋で働くよりもプロントの方が働きやすいかなーと個人的には思います。私はお料理提供がメインだったので詳しくは分かりませんが、バースタッフの方は皆さんお酒好きな人が多くて、カクテル作りが楽しいと言っていたので、お酒が好きな人にはバースタッフなどのポジションは楽しめるのかなーと思います。

昼と夜で全然お店の雰囲気が変わるので、落ち着いた雰囲気も、騒がしい雰囲気も同時に楽しめちゃうのが他にはないプロントだけの良いところですね。接客や礼儀などのマナーに関しては、アルバイトでも厳しく指導されるので、きついと感じて辞めてしまう人はたくさんいました。私も接客マナーに関してはよく注意されましたが、今はここで働けた事に感謝しています。アルバイトでここまで成長できる職場は他にないと思いますので、多少厳しくても頑張ると後々いい結果になると思いますよ。ちなみに女性のアルバイトスタッフの皆さんはかわいい制服が目当てでバイトを始めたという人がたくさんいました(笑)実は私も制服に惹かれて始めたのですが、意外と女性の人は「制服がかわいいから」という理由でプロントを選ぶ人も多いようですね。

大学生の時に憧れだったPRONTO(プロント)でのカフェバイトを2年経験しました。学校がある日はオープンとランチ、お休みの日はオープンから夕方までといった働き方です。お仕事は、お客様への接客・オーダー・レジ・料理提供・調理・洗い物と、日によってキッチンのポジションも担当する事がありました。ランチタイムはお客様でいっぱいになるのでレジでの会計や、オーダーの受付も大忙しです。キッチンでは人気のパスタが大量に注文が入るので、必死になって作ってました。しかしどんなに忙しくても不思議と嫌な事はなかったですね。嬉しかった出来事は、いつも楽しくお喋りさせてもらっていた常連のお客様に、私が就職の為にプロントを辞める事を告げると「君がいなくなったら寂しくなるね」とおっしゃって頂いて、次の日「今までお疲れ様でした。◯◯ちゃんのとのお話は楽しくて、素敵な笑顔にいつも癒やされました。次のお仕事も頑張ってください」とメッセージと花束を頂いた事です。嬉しさのあまり思わず号泣してしまいました。お客様と店員という関係性ではありましたが今でも忘れられないエピソードです。

都内のプロントで働いています。スタッフもお客様も外国の方が多く、自然に英語にふれる機会も増えるので英語を勉強したい方にはお勧めしたいです。今まさしく留学しようと頑張って働いてるスタッフがいるので、スタッフに外国の方もいてこの環境は勉強する場としてはバッチリだといつも感じています。私は留学とかは全く考えていないのですが、それでも外国人のお客様との会話のやりとりは楽しいは感じる事があります。

プロントバイトの仕事内容

各店舗で営業時間は異なりますが、オープンから17時までがカフェタイム、17時以降はバータイムとなり、アルコールやおつまみなどのメニューなどが加わるので、それぞれの時間帯でメニューを覚えたり、働き方も変わってきます。

昼のカフェタイムの仕事内容は、お客様の接客を担当するホールスタッフとドリンクや食事を作るキッチンのポジションに分かれます。

夜のバータイムのでは、カフェタイムの仕事にプラスして、アルコールメニューを作るバーテンダーのポジションが加わります。

ホール・キッチン、それぞれのポジションがありますが、基本的に最初は男性がキッチン・女性がホールのもポジションを担当する事が多いようですね。

ホールスタッフ

ホールのお仕事はお客様への接客を中心とした業務になります。

来店されたお客様のご案内から始まり、オーダーを受け、空いた時間はテーブルのセッティングと店内清掃・空席の連絡なども行います。

レジ打ちは現金以外の支払い方法も覚えなくてはなりませんが、そこまで取り扱いに関して苦労する事はないようです。

一般的な飲食店とあまり変わらない作業なので、飲食店でのアルバイト経験がある方はすぐに覚えられますし、未経験の方でもしっかりとフォローが入るので安心して働けます。

ランチタイムはお客さんで混雑します。パン棚の整理補充なども行いながら、その他ホール業務も全て行わなければならないので、仕事にスピードが求めらます。サラリーマンやOLさんで店内がいっぱいになるので大忙しです^^;

基本的にドリンクはキッチンスタッフが担当しますが、忙しい時はホールスタッフでもドリンクの作成を手伝う事があります。ドリンク作成と言ってもボタン一つで作れちゃうものが多く、そこまで複雑なものはないようです。

また、勤務する時間帯にもよりますがオープンとクローズでシフトを組んでいる人は開店前準備と、閉店後の締め作業も行います。

キッチンスタッフ

キッチンのお仕事は、パン・パスタなどのフードメニューの盛り付けや調理をメインとしたお仕事になります。

最初のうちはお皿洗いから始まり、ドリンクの作り方などを覚えて仕込みやメインメニューの調理を出来るように目指します。

朝はモーニング、お昼はパスタなどのフードメニュー、夜はバータイムのフードメニューもあって商品数が多いので覚えるのは大変ですが、調理に自信がないスタッフでもマニュアルにそって作ればいいだけなので簡単です。作っているうちに自然と料理を覚えていけるので自宅でも作れるようになっちゃうのがキッチンスタッフの良いところはではないでしょうか。

ドリンクを作る作業は始めに機械操作を覚えなくてはいけないので、そこに苦戦する人が多いようです。これについてはシフトに多くはいって慣れるしかないようですね。覚えてしまえば簡単な作業なので、楽に感じる人もなかにはいるようです。

バーテンダー

夜のバータイムの時間になると、カクテルを作るバーテンダーのポジションが増えます。

バーテンダーってお酒に詳しくないと出来ないんじゃないの?と考える方もたくさんいるようですが、カクテルの作り方などは社員さんや先輩スタッフが一から優しく指導してくれるので、これからお酒に詳しくなりたい!という初心者の人でもバーテンダーになれちゃいます!

実際、殆どの人が未経験スタートらしいですよ(・∀・)

また、カウンター席でお酒を飲んでいるお客さんとの会話も楽しめるので、接客が好きな人にも向いてるポジションかと思います。

カクテルを作って、カウンター越しに常連さんとお喋りって想像するだけで格好いい仕事ですね!

プロントのバイト募集はどこがおすすめ?

自宅や学校からアクセスの良いところにするか、思い切って新しい街のバイトにチャレンジしようか迷っている方。すでに働きたいバイト先が決まっている方。

いろいろなきっかけがあると思いますが、やる気があっても求人が出ていなければバイトは始められません…。

アルバイトにチャレンジしてみたい!と思ったら、なにはともあれ早速求人探しです!

求人を探すのに便利なのが、やっぱり求人サイト!

自宅でも外出先でも、場所を問わず探せるのも大きなポイントです。

おすすめはバイトル!

数ある求人サイトのなかでも「バイトル」が特におすすめ!

知名度が群を抜いているため安心して利用できます。

情報量も非常に多く、求人も豊富に掲載されているようですね。

何と言っても一番のおすすめポイントは、動画や写真で実際に働いているスタッフさんの様子をみることが出来るところ!

制服などの細かい情報も伝わりやすいですし、事前に雰囲気が確認できて安心感があります。

バイトルでの応募は「電話」「WEB経由」、二通りが用意されています。

どちらでも問題はありませんが、おすすめしたいのはWEBからの応募です。

電話の場合は営業時間・ピーク時間・繁忙期など様々な配慮をしなくてはいけません。

その点WEB応募なら24時間受け付けていますし、会員登録をしていれば面倒な情報入力もなくボタン一つで応募が完了しちゃいます。

慎重に決めたい方も時間をかけずにサクッと応募したい方も、是非バイトルで自分に合った求人を探してみてください!

【バイトル】でバイトを探す

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

プロントのバイト面接対策!

履歴書の準備

プロントの面接では履歴書が必要です。求人に「履歴書不要」と記載されていた場合のみ、用意しなくてOKです!

履歴書不要の場合は、バイトを希望する店舗でプロントが用意している用紙に、履歴書の内容(学歴・職歴)などを書く事になるので、自分の経歴についてスラスラと書くことが出来なければ、メモ用紙などに簡単にまとめておくとスムーズですね。

しかし履歴書って準備するのがめんどくさいですよね・・・。書かないといけない項目があって書き終えるのに相当時間がかかるし大変ですよね。

でも、面接での履歴書の役割は「これまでの経歴やお店に対するやる気などを伝える大切な資料」なので、記入すべき項目はしっかりと埋め、丁寧に記述していくようにしましょう!

特に重要なのが、「志望動機」や「自己PR」の項目です。記入されている内容を面接で深く掘り下げて聞かれたり、面接後の採用を判断する重要な項目なので、面接で聞かれた時にどう答えるかを含め、考えてみるとよいでしょう。

履歴書の種類で悩む方も多いようです。文房具店や百均で売っているもの、ダウンロードしてプリントアウトするものなど様々な種類がありますが、基本的にはどんなものでも大丈夫!自分が書きやすいと思ったものを選びましょうヽ(^o^)丿

面接時の服装と身だしなみ

プロントは飲食店ですので、清潔感のある身だしなみをすることが大前提となります。

特に服装は印象を決める重要な要素なので、どうしたら良いかわからない!って方は、お店で働いている自分を意識した身だしなみをするとイメージもしやすくなります。

まず服装に関しては、白のシャツ・ポロシャツ・ボーダーのカットソーなど、さわやかな印象のコーディネートがおすすめです。店員さんの制服を見ると分かると思いますが、柄物ではなく、無地でシンプルなスタイルですよね。

Tシャツやカットソーの場合は季節に応じて、カジュアルなジャケットを一枚羽織ると、印象が格段に良くなります。

パンツスタイルは、黒のチノパンがおすすめです。あまりダボダボ過ぎたり、裾が長すぎるなど、自分の体型に合っていなとダラシなく見えてしまうので注意が必要です。

女性ならスカートでも問題はありませんが、膝丈より短いものは避けてください。ストッキングやレギンスを着用し、素肌が見えないようにすることも大事です。

靴は汚れのないキレイなスニーカーか、カジュアルな革靴などがオススメです。

服装に関して以下の記事にもまとめています。是非参考にしてみてください!
バイト面接の服装!意外と知らない職種に合わせるべきスタイルを紹介

髪型・髪色の規定

髪型・髪色において清潔感を求めれます。

女性であれば肩より長い髪は後ろでまとめる、男性の場合は耳が隠れない程度のヘアースタイルと基準が設けられています。

ただし、プロントはフランチャイズ店も多いので髪色などの身だしなみについては、店長の判断によるところが大きいようです。

明るさの基準が知りたければ、自分が働きたい店舗の店員さんをチェックしておくと判断の目安になると思います。

しかし基本的には奇抜な髪色はNGと考えていいでしょう。髪色が明るいスタッフの方はほとんど見かけません。

茶髪のスタッフさんでも黒に近い色なので、マイナスな要素を作らないためにも今髪が明るい方は染を落としておいた方がいいでしょう。

ピアス・ネイルについて

プロントではフランチャイズ店が多いので、ピアスやネイルなどの判断基準も店舗によって異なります。

ワンポイントのピアスならOKとしているところもあるようですが、基本的に飲食店では異物混入を防ぐため、ピアスやネックレスなどのアクセサリーを禁止されています。

同じ理由でネイルもNGとされていますね。面接でも外しておくようにして、気になるようであれば面接の時に聞くのが一番良いでしょう。

また、ネイルをしていなくても爪が長い、バサバサの付けまつ毛、濃い目のお化粧などには気をつけてください。

あくまでも女性のメイクはナチュラルに。つけまつげなどは厳禁で、男性はしっかりとヒゲもキレイに剃って行きましょう。

香りの強すぎる香水や柔軟剤の匂いにも気をつけてくださいね!

面接でよく聞かれる質問と志望動機の参考例

  • プロントを選んだ理由・志望動機
  • バイト経歴・接客経験の有無
  • シフト・勤務時間帯の希望
  • 土日祝日・年末年始など出勤できるか。
  • バイト先までの交通手段
  • 希望のポジション
  • 自己PR

「コーヒーは好きか」など、カフェならではの質問も聞かれる事があるようですが、基本的な質問は必ず聞かれるので、スムーズに答えられるよう予めしっかりと回答を準備しておきましょう。

また、プロントは接客のお仕事になるので、明るくハキハキとした態度で望む事が大切です。

接客の仕事なのに、面接に来た人が「表情が暗いし、ボソボソとして喋ってて、なんだか落ち着きがない」という感じだと印象はかなり悪いですよね。

面接の場では緊張しやすいですが、笑顔でハッキリと受け答えできるとそれだけで採用される確率はアップするので、「表情」「目線」「姿勢」「言葉遣い」などには十分注意しましょう!

その他にも志望動機や自己PRの書き方、面接の基本的な質問や回答例・志望動機は以下の記事にもまとめています。是非参考にしてみてください!
バイト面接でうまく答えられない人へ!よく聞かれる基本の質問まとめ

プロントでバイト制服があるの?

プロントではアルバイトにも制服貸与があります。昼のカフェタイムと夜のバータイムで制服も変わってきます。

昼のカフェタイムでは「ポロシャツとエプロン」。夜のバータイムでは、ワイシャツにサロンエプロンが支給されます。

シャツ・ズボン・靴等は自分で用意するように言われる店舗が多いようです。

靴などは革靴(ローファー)の人が多めです。一応店舗によって靴も支給されるところもあるので、面接で確認するのがいいでしょう。

プロントで働くメリットと待遇・福利厚生

社会保険・社員登用

プロントではアルバイトでも基準を満たせば社会保険に加入できる店舗はたくさんあります。

雇用保険や健康保険などの社会保険の加入条件には、勤務時間などが関わってくるので、バイトでも社会保険に加入を希望するのであれば、面接の際にどれくらいの勤務で社会保険に加入できるのか確認しておくようにしましょう。

またプロントでは社員登用があります。

こちらも社会保険同様、アルバイトから正社員を目指すのであれば、実際に正社員の方に聞くのが一番です。バイトから正社員になるにはどのような条件があるのか確認しましょう。

社割り・食事の補助あり

飲食店ならでは、食事補助や社割りなどの嬉しいポイントがあります。

店舗よって30%OFF、50%OFFなどの違いはありますが、休憩中にプロントの美味しい食事が安く楽しめるので嬉しいですよね!

昼と夜で異なる仕事

やはりプロント最大の特徴「昼と夜でお店の雰囲気がガラッと変わるところがいい」という人がたくさんいました。日中の落ち着いた雰囲気からとは対象的に、バータイムの時間になると、証明も暗くなり賑やかな雰囲気へ店内が変わります。

1日を通して働くと、同じお店なのに全く違った雰囲気の中で働くので飽きないそうです。

また、昼と夜とで仕事内容が変わってきます。夜はアルコール提供があるので、お酒の知識も自然と身に付きますし、バーテンダーの仕事ではカクテル作りなども覚えられます。バーマンに憧れてプロントで働くキャストの方も多いようですよ。

役に立つ接客マナーが身につく

プロントではアルバイトでもしっかりとした接客マナーの研修を行います。接客厳しい反面、ある程度働く事でどこにいっても役立つ接客のマナーを身につけられるので、将来的に飲食の仕事に就きたいフリーターの方におすすめですし、プロントでの経験が就職活動に役立ったといった評判もありました。

シフトが組みやすい

だいたいどこの店舗でもシフトは週決めなので、予定が立てやすいのが嬉しいポイントです。月決めだと先の事などが分からない状態でシフトを組まないといけないので、なかなか遊びに予定だったり、旅行の計画なども組めませんが、週決めのシフトだと融通が利くため、プライベートの予定も決めやすいし、掛け持ちも考えている人にもありがたいですよね。

人間関係が良い

もちろん店舗によって違いはあるものの、プロントで働くスタッフの人間関係がかなり良好なところが多いようです。働くスタッフは学生やフリターがメインで、平均年齢は20代前半のスタッフが多く、歳が近いスタッフはすぐに仲良くなれる!といった評判がたくさんありました。

プロントで働くデメリット

覚える事が多すぎる

ホールとキッチンで仕事内容が異なるのは当然ですが、プロントでは昼夜で仕事内容も切り替わるのでその分覚えることもあって大変です。どのポジションを担当するにしても、研修期間が用意されていて、マニュアルもしっかりと作られているので、分からないまま仕事をするという状況はあまりないようです。まずは自分が働く時間帯の仕事内容を完全に覚えて、慣れてきたら違うポジションの仕事にチャレンジしてみると幅広い知識やスキルが身につくのではないでしょうか。

接客マナーが厳しい

プロントでは、アルバイトでも接客マナーについて厳しく指導しています。その為、接客の経験がない未経験者の人が「怒鳴られたり怒られて辛い」と感じる事があるようです。

ピーク時は大忙し

お昼時はセルフサービスとはいえ、ランチを利用するお客様で店内がいっぱいになります。プロントに限ったことではありませんが、基本的に少ないスタッフで回しているので、ピークの時は同時にいくつもの作業を行わなけれなならないので大変なようです。

プロントバイトの時給と研修期間

プロントでバイトする際の時給は、平均的に1000円前後となります。

営業時間や特別手当などは店舗によって異なりますが、早朝と深夜時給は手当が付いて時給に25%プラスされます。

その為、早朝勤務と深夜勤務は通常の時間帯よりも時給が上がるこの時間帯を狙ってシフトを組むとより稼げるのではないでしょうか。

また、始めのうちは研修期間があります。研修期間も店舗によって異なり、平均すると40時間を目安にしている店舗が多いようですね。

研修時は時給が通常よりも下がってしまうので、通常の時給が1000円だとすると、30円から50円ほど低くなるようです。

プロントで働く人はどんな人達?高校生でもバイトが出来るの?

ほとんどの場合は高校生のバイトは不可となっているようです。しかし高校生でもアルバイト可の求人もあるので、見つけたらさっそく店舗に問い合わせてみましょう!

プロントのアルバイトは、モーニング・カフェタイム・バータイムで働くスタッフの年齢層が変わります。

オープンは主婦や学生さん、日中はフリーターと主婦の方がたくさん働いています。

17時以降のバータイムは学生さんがほとんどメイン働いていますね。

掛け持ちも自由ですし、1日通してフルタイムで働くスタッフもたくさんいます。

それぞれ自分の時間に合った働き方が出来るのがプロントの良いところでもありますね。

まとめ

フランチャイズ店が多いので、お店によって待遇・仕事内容・労働条件などはかなり違うようですね。

しかし総じて人間関係が良好なようです。これは働く側からしてみれば働くスタッフの人間関係が一番気になるポイントではないでしょうか。

キッチンのお仕事は一定の条件を満たせば調理師免許の受験資格がもらえます。プロントでは調理師免許習得の応援もしているそうなので、料理に興味がある人にもおすすめしたいバイトです。

【バイトル】でバイトを探す

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

【an】でバイトを探す

バイト探すならan

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事