転職SOS

転職でお悩みのあなたの為のアルバイトや正社員、資格などの情報を公開

検品バイトのきついところって何?仕事内容や口コミ・評判まとめてみた

検品 バイト 口コミ

Sponsored Link


「コスメ商品の検品・梱包作業」「倉庫内でのピッキング、検品、梱包」など、アルバイトの求人募集でよく見かける検品のお仕事ですが、なんとなく「傷や汚れがついてないか確認する仕事でしょ?」という認識はあっても、実は検品にも色々な方法があって、やることも違うということを知ってる人は少ないようです。

検品のバイトに興味はあるんだけど、詳しい仕事内容が分からないしなんだか不安だなーと感じてる方の為に、検品の仕事内容や評判・良い口コミ・悪い口コミを集めてました。

検品バイトの仕事内容と種類

検品作業とは、簡単に言うと出荷前の商品や製品に不具合がないか確認する仕事です。とはいえ、扱ってる商品によっては「重さをはかったり」「動作確認」もするので、検品作業といっても見るだけじゃなく様々な方法で検品します。

ここでは、それぞれの検品方法をご説明します。

不良品検品


缶詰・食器・ガラス製品など、キズや汚れがないか一つ一つ目視で確認する作業です。凹みがあったものや破損してるものは除外して、問題ない商品は箱詰めします。また、書籍・ポスター・ダイレクトメールなどの印刷物は、一枚一枚パラパラめくって「印刷ミス」「ページ枚数」を確認します。印刷物の検品作業は目が疲れそうですね・・・。

開梱検品


海外から輸入した「生活用品・衣類・ブランド・食品・家具・家電」を、正しい数量か、製品に間違いがないか開梱して確認する作業です。動画では家具の開梱・検品作業なのでちょっとハードそうですが、お菓子や雑貨などは普段馴染みがないぶん海外の商品は楽しそうですね。

作動検品


求人で多いのは「スマホ」「PC」の作動検品ですが、電化製品以外にも工場で使う機械の作動検品もありますし、「ゲーム」や「シャープペンシル」なども正常に動くかどうチェックしますね。

混入検品


お菓子・飲料水・食べ物を扱う食品会社では異物混入が大きな問題になっていますよね。口に入るものなのでしっかりと異物混入がないかチェックします。

計量検品


見た目では分からない製品や商品を、重さを計ることで欠陥がないかをチェックする作業です。食品以外では金・銀・宝石などの高価なものから、ネジやビスなどの小さいものまで計量します。

検品バイトの良い評判・口コミ

検品も扱ってる物が違えば検品方法も変わってきます。やったことがないと「きついのかな?」「大変かな〜?」と勝手にイメージしちゃいますよね。
しかし、アルバイトがやる検品作業はほぼ単純作業なので安心です!
ここでは「検品バイトが楽しい」「楽だったよ〜」という良い口コミをまとめてみました。

好きなものの検品は楽しい!


検品の仕事はほとんどが楽な作業なので楽に感じてる人はたくさんいます。実際僕もいくつか検品の仕事をしたことがありますが、1つの事だけをひたすらやる作業なので、仕事内容で難しいと感じたことはありませんでした。しかも、検品の種類はたくさんあるので、ゲーム・CD・フィギュアとか、自分が好きなものに関われた時はめちゃめちゃ楽しかったです!好きなものに囲まれてるって最高ですよね!

シフトの融通がきく!


検品のアルバイトは、派遣会社で募集してる短期・単発での募集が多い仕事です。「1日だけ」「1週間」という募集もよく見かけますが、自分が働きたい時間や曜日も選べるので、日中は何かと忙しい学生さんや、フリーター・サラリーマンの方も、週末の時間に余裕のある時に無理なく掛け持ちできるので働きやすいですね。

女性はやっぱりアパレルが好き!?


やっぱり女性の方はアパレル好きな人多いですよね!僕も昔ファッションに興味があったので、アパレルの検品をやってた時は楽しかったですね〜。どちらかというと女性の人が多く、友達同士で来てたみたいで凄く楽しそうにしてました。女性の方が検品のバイトをするなら興味があればですがアパレルは楽しいと思いますよ!

コンビニは検品が一番楽しい


コンビニでアルバイトしてる人は「検品が一番楽しい」と言ってる割合がかなり多かったです。やっぱりみんな検品という地味作用が好きな人は多いんですね〜。

やりがいを実感できる


検品の作業って簡単そうにみえて実は奥が深かったりします。というのも、ベテランの人と素人だとかなり作業スピードに差が出てきたりするんです。それで「なんであの人はあんな早いんだろう」とか、こっそり見ながら自分でも効率良く作業が出来るよう考えて検品しまくってると、ある日当然コツが掴んで物凄いスピードで作業が出来るようになります。そうすると、例え興味がない商品だったとしても仕事にやりがいが出てきて、夢中で仕事をしてるあいだに仕事が終わってるという状況が何度もありました。

検品バイトをやってみよう!

検品も種類がたくさんあるので、まずは自分が気になるお仕事を探してみましょう!こちらの求人サイトから応募して採用が決まると、なんと「お祝い金」がもらえちゃいます!!もし、チャレンジしたいお仕事が見つかるなら、こちらからの応募がお得です。

検品バイトの悪い評判・口コミ

良い口コミだけ見てると、実際に働いてみて「全然楽じゃねーじゃんか!」ってなったりもします。「きつい」「大変だ!」という人の口コミも見てみましょう!

検品以外の仕事もやることに・・・


検品作業は商品や製品に不具合がないか確認する仕事ですが、検品後に仕分けしたり、箱詰めした商品を運んだりすることもあります。なので、検品だけするって考えて現場に行った場合は「思ってた仕事と違うじゃん・・・」と思うこともあるかもしれませんね。

特に倉庫内での軽作業の仕事は「検品」だけでなく「仕分け作業」もする事が多いです。となると、扱う商品が重たかったりすると体力を使いますし、少し大変に感じるかもしれませんね。

ただ、検品作業だけの仕事はじっとしてるので身体は疲れませんが、身体を動かしたくなってもその場を離れられなかったりするので、多少身体を動かせる検品とプラスの仕事の方が良かったりもします。

目がとにかく疲れる


これはちょっと面白い口コミですね。検品作業はどうしても長時間同じものを見続けるので目が疲れちゃうんですよね。やはり目を酷使する仕事なので、休憩時間はスマホを控えたり、帰宅後もなるべくテレビやネットを見るのを辞めて、目を温めたり休ませないと連続で仕事に入ってる場合は眼精疲労がハンパないです。

足が疲れる


検品作業は立ち仕事も多いので、普段座って作業してるOLさんは足にダメージがきて大変かもしれません。でも、最初は大変かもしれないけど運動不足解消という意味ではお金も貰えるし一石二鳥ですね。

まとめ

検品バイトを始めるにあたってお祝い金が貰える「ジョブセンス」をおすすめしていますが、「仕事の種類」「時給」「勤務時間」など、出来るだけ自分に合った仕事を探したほうがいいので、色々な求人サイトを見てどんなものがあるか選んだほうが失敗が少ないかと思います。

【バイトル】でバイトを探す

アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

【an】でバイトを探す

バイト探すならan

 - アルバイト

Sponsored Link

  関連記事